FC2ブログ

湯の台食堂

2017年10月31日(火)

 三日前の土曜日が休日出勤だったので、今日はその代休です。午前中、家の中の用事を済ませ、さてお昼に出かけましょう。今日は最近ネットで話題のお店に行ってみましょう。にかほ市象潟の「湯の台食堂」さんです。

 にかほ市象潟には湯の台温泉「鶴泉荘」という温泉宿があります。以前は宿泊もできたようですが、今は日帰りの利用だけのようです。本日伺う「湯の台食堂」さんは鶴泉荘のすぐ隣にあるお店です。古くからある食堂ですが、東京で修業を積んだ息子さんが戻って来たのを機にリニューアルされたようです。息子さんの修行先がネットで紹介されていましたが、有名店がずらりと並んでいました。期待に胸を膨らませて向かいます。

 お店までの道のりですが、日本海東北自動車道・象潟ICを降りて車で7、8分ほど。手前の金浦や仁賀保で降りるルートもありますが、時間的には象潟まで行くのが一番早そうです。どうせ無料区間ですからね。

 お店に到着したのが11時40分。お店の前に鶴泉荘の駐車場がありますが、そちらへの駐車はご遠慮くださいとの情報を得ていたので、手前の空きスペースに車を停めます。既に車が5、6台停まっていました。

湯の台食堂 外観 
 風除室を抜けて店内に入ります。外観は昔ながらの食堂でしたが、中はきれいにリニューアルされています。カウンター5席に、テーブル2卓、小上がり2卓という構成です。カウンターは満席だったので、ちょっと悩んだ末に空いていた小上がりに座ります。混み合ってきたら席を移動するか、相席でも構わないと思いましたが、結果的にそれはしなくて済みました。

 靴を脱ぐ前にコップに水を汲んで、厨房のおばちゃんに注文を伝えます。まずは『中華そば(並)』、それに数量限定とあった『チャーシュー飯』をお願いします。

 平日の12時前なので、サラリーマン風の人は3人だけ。若いお客さんが多いようですが、近所のおばちゃんといったご婦人もいらっしゃいます。

湯の台食堂 中華そば(並) 
 ほどなくして注文の品が届きました。こちらが『中華そば(並)』です。トッピングは2種類のチャーシュー、メンマ、ほうれん草、刻みネギ。

 まずはスープからいただきます。ふわっとした煮干の香りが感じられます。動物系のダシも感じますね。さらに発酵調味料と思しき風味があります。これは何だろう。覚えのある味ですが何なのか分かりませんでした。

湯の台食堂 中華そば(並) 
 麺は平打ちの太麺。厨房の奥に製麺機があったので自家製でしょう。ちぢれが強いタイプで、見た目はケンちゃんラーメンと似ていますが、もう少し柔らかめの茹で加減です。

 2種類のチャーシューはどちらも柔らかくてジューシーです。特にレアタイプは豚肉の旨味が感じられる逸品です。

 メンマもサクサクの食感がおいしい。

 スープ、麺、具材、どれをとってもレベルが高い。関東の有名店で食べる機会はほとんどありませんが、都会はすごいですね。

湯の台食堂 チャーシュー飯 
 そして『チャーシュー飯』です。おそらくスープに感じた発酵調味料が使われていると思います。濃いめの味付けがご飯に良く合います。これだけチャーシューが乗って200円なら安いものです。

 全部いただいてお腹一杯です。ご主人やご両親の接客も気持ちよく、これなら時間をかけてもまた来ようという気にさせてくれます。ごちそうさまでした。

湯の台食堂
秋田県にかほ市象潟町横岡字目貫谷地1

 中華そば(並)

720円 

 チャーシュー飯

200円 

 チャーシューがこれだけ旨いので、もう一つのメニューである『肉そば』も食べてみたい。それに『替玉』も気になります。一度に食べるのは無理なので、何度か来なくてはいけませんね。


過去ログ
なし

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ラーメン大好き、食べることが大好き

non☆you

Author:non☆you
グルメではありません。食べることが好きなだけです。
味は個人の好みですので、参考程度に見てください。

猫を飼っています

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム