伊予製麺 秋田まるごと市場店

2016年9月29日(木)

 本日は卸町の秋田まるごと市場に行ってきました。本当は「夢盛亭」さんで食べるつもりだったんですが、店内に入るとこんな案内が貼られていました。

夢盛亭 休業案内 
 ちょっと運が悪かったようですね。クルリとUターンして向かったのは「伊予製麺」さん。久し振りの訪問です。

 店内に入ってメニューとにらめっこします。後ろから来たお客さんに先を譲り、悩んだ末に頼んだのは『釜揚げうどん・並』。何と前回と同じでしたが、注文時はまったく気が付きませんでした。基本的に釜揚げが好きなのかもしれません。

 うどんを受け取って天ぷらコーナーへ。ここで選んだのは『野菜かきあげ』。これも私の定番です。ちくわ天とどちらかは毎回食べているような気がします。

伊予製麺秋田まるごと市場店 釜揚げうどん・並、野菜かきあげ 
 本日の昼食です。左上の小皿には、薬味コーナーで取ったネギとおろし生姜が乗っています。これもやはり私の定番。

伊予製麺秋田まるごと市場店 釜揚げうどん・並 
 釜揚げうどんはちょっと柔らかめの茹で加減ですが、モチモチした食感がおいしい。つけ汁にネギと生姜を投入していただきます。

伊予製麺秋田まるごと市場店 野菜かきあげ 
 野菜かきあげは見た目のインパクトでつい手が伸びてしまいます。何度も見ているのにね。
 中身は玉ねぎがほとんどで、さつまいもが少々入っています。卓上の醤油をかけえもいいんですが、私はうどんのつけ汁につけていただきます。サクサクした食感で、大きさの割にあっさり食べられます。

伊予製麺秋田まるごと市場店 野菜かきあげ 
 かき揚げは上から見ても分かりにくいので、横から見ると...やっぱり分かりにくい?

 途中でつけ汁に七味を投入し、ピリ辛に味変。これで最後までおいしくいただきました。ごちそうさまでした。

伊予製麺秋田まるごと市場店 卓上調味料 
 卓上調味料です。以前は、だし醤油に加えて、和風ソースというのがあったような気がするんですが、いつのまにかなくなったようです。
 
伊予製麺 秋田まるごと市場店
秋田県秋田市卸町2-2-7

 釜揚げうどん・並

290円 

 野菜かきあげ

130円 



続きを読む

スポンサーサイト

幸楽苑 イオン秋田中央店

2016年9月27日(火)

 本日は新店に行ってきました。イオン秋田中央店に昨日オープンした「幸楽苑 イオン秋田中央店」さんです。幸楽苑はこれまで旭北錦店に行くことが多かったんですが、今年の6月に閉店してしまいました。代わりに?寺内店ができましたが、私にとっては今ひとつ交通の便が良くありません。この店が使いやすければいいなと、期待を抱いての来店です。

 ここはサティ時代にはずいぶん通いましたが、転勤で引っ越してからはすっかりご無沙汰です。会社が近いので、仕事帰りに寄ることがたまにある程度です。それも行くのは食料品売り場だけなので、飲食店コーナーは本当に久し振り。

 駐車場に車を停め、食料品売り場の前を通り抜けて飲食店コーナーへ向かいます。右手奥におなじみの看板が見えてきました。お~、あった、あったと近づいてみると、想像していたのとちょっと違いました。ショッピングセンター内とはいえ、普通にお店を構えているものと思っていたのが、何とフードコート型です。そうなのか~。

 気を取り直してレジに向かいましょう。混雑するのを見越してか、レジに向かう通路にはロープが貼られていますが、私のほかに並ぶ人はいません。大きく迂回してレジにたどり着き、注文します。今日はレジ脇に大きなPOPが貼られていた『味噌野菜らーめん』にしましょう。ファーストフード店のように、一緒にギョーザはいかがですか~と言われましたが、丁重にお断りして会計を済ませます。出来上がったら鳴らします、と渡されたのは、フードコートではおなじみの呼び出しブザーです。紙コップに水を汲み、席で待ちましょう。

幸楽苑イオン秋田中央店 呼び出しブザー 
 フードコートは隣のモスバーガーと共用のようです。ざっと見ただけで50人以上は座れそうですが、実際にいるのは10人ほど。ほとんどが幸楽苑のお客さんで、モスバーガーを食べているのは1人だけでした。

 しばしのち、ブザーが鳴り、レジ脇で注文の品を受け取ります。調味料はここにしか置いていないので、必要に応じて使用しましょう。私は初めてのメニューなので、何も加えずデフォルトでいただきます。

幸楽苑イオン秋田中央店 味噌野菜らーめん 
 こちらが『味噌野菜らーめん』です。野菜の上に振りかけられているのはニンニクチップかな。

 まずはスープからいただきます。お~、熱々です。気を付けないと口内火傷に至る恐れがあります。味噌の風味を感じながら、野菜の旨味も効いています。失礼ながら、思ったより良くできています。

幸楽苑イオン秋田中央店 味噌野菜らーめん 
 麺は中太で軽くウェーブがかったもの。通常の麺より黄色っぽく感じましたが、これは照明のせいかもしれません。茹で加減はちょっと柔らかめ。

 野菜はキャベツ、もやし、ニンジン、ニラ、キクラゲなど。シャキシャキ感を残した炒め加減で、なかなかのボリュームです。それほど量は多くありませんが、挽肉も入っています。

 麺と野菜を食べつくすとお腹いっぱいになりました。スープは半分残してしまいましたが、健康のためにはこれで良かったかも。ごちそうさまでした。

幸楽苑 イオン秋田中央店
秋田県秋田市楢山川口境5-11 イオン秋田中央店1F

 味噌野菜らーめん

637円 



続きを読む

西宮家 れすとらん北蔵

2016年9月23日(金)

 本日は家族で角館へやって来ました。私と妻は何度か訪れていますが、子供たちはほぼ初めて。武家屋敷を散策し、安藤醸造本店で試食と買い物を楽しんだらちょうどお昼になりました。向かったのは安藤醸造からほど近い「西宮家 れすとらん北蔵」さんです。

 こちらは西宮家の蔵を土産物の販売や収蔵品の展示などに利用しています。我々がお邪魔したレストランも蔵を改装したお店です。本来の蔵の中にもテーブル席がありますが、今回は庭を眺めることができるテラス席に座りました。テラスといってもちゃんとした室内です。

西宮家れすとらん北蔵 メニュー 
西宮家れすとらん北蔵 メニュー 
西宮家れすとらん北蔵 メニュー 
 こちらがメニューです。実は昨夏にもお邪魔しており、その際には『稲庭つけめん』をいただきました。今日はやはりこれでしょう。『復刻版ハヤシライス』です。

 今日は平日で3連休の翌週でもあるため、街中は静かなのかと思っていましたが、思いのほか観光客はいますね。こちらのお店も満席とまではいきませんが、8割程度の席は埋まっています。適度なにぎわい、といった感じですね。

 ハヤシライスにはスープとピクルスが付きますが、この二つが先に運ばれてきました。

西宮家れすとらん北蔵 復刻版ハヤシライス・スープ 
 コーンクリームスープです。特段、凝ったものではなく、普通においしいスープです。

西宮家れすとらん北蔵 復刻版ハヤシライス・ピクルス 
 こちらはピクルスですが、こちらはちょっと面白い。ゴーヤは苦味がほとんどありません。他の野菜も程よい酸味と適度な歯応えがおいしい。秋田には漬物文化は深く根付いていますが、ピクルスもなかなかいけそうです。

西宮家れすとらん北蔵 復刻版ハヤシライス 
 続いてハヤシライスが運ばれてきました。どうですか、盛り付けにも気を使っているのが分かります。これぞ日本の洋食の美です。

西宮家れすとらん北蔵 復刻版ハヤシライス 
 ではさっそくいただきます。ハヤシライスはデミグラスソースをベースにしたオーソドックスなタイプです。いろいろな素材の旨味が溶け合って優しい味に仕上がっています。どちらかというと甘めの味付けに感じました。

 肉や野菜、キノコなどの具材もたっぷり入っています。ルーの量もたっぷりあるで、配分を考えなくても大丈夫でしょう。

 全体的なボリュームも私には適度なものでした。価格も観光地という場所を考慮すれば、リーズナブルといえそうです。ごちそうさまでした。

西宮家 れすとらん北蔵
秋田県仙北市田町上丁11-1

 復刻版ハヤシライス

1,300円 



続きを読む

豪ーめん 秋田高陽店

2016年9月15日(木)

 今日はよく晴れています。まぶしいほどの日差しが降り注いでいますが、真夏とは違いどこか柔らかい感じがします。着実に秋に向かっているようです。今夜の中秋の名月はきっとよく見えるでしょう。

 さて、本日は「豪ーめん 秋田高陽店」さんにやって来ました。前回の宿題を果たすためです。

 こちらのお店は駐車場が空いているかどうかが最初の関門です。駐車場が満車で通り過ぎたことは数知れず。交通量の多い新国道沿いなので、路上で待つこともできません。幸い今日はすんなり停めることができました。

 店内の入りは半分ほど。券売機の前に立ち、目当てのメニューボタンを探します。比較的新しいメニューなので下のほうだろうと当たりをつけると、お~っとありました。右下に「塩豪ーめん・中」のボタンを発見。ポチッとな。

豪ーめん秋田高陽店 食券  
 空いた席に座り、水を持ってきてくれたノリの良いおじさんに食券を渡します。もちろん、ニンニク入りです。

豪ーめん秋田高陽店 卓上調味料 
 卓上調味料です。一通りそろっていますが、欲をいえばブラックペッパーがほしい。箸箱の中は割箸ですが、以前は洗い箸だったこともあったはず。

豪ーめん秋田高陽店 内観 
 視線を上に向けると、こんな物が飾ってあります。写真で見えているのはほんの一部で、窓際にずらっと並んでいます。

豪ーめん秋田高陽店 塩豪ーめん・中 
 先客は皆さん配膳済みだったようで、さほど待たずに注文の品が届きました。こちらが『塩豪ーめん・中』です。ちなみに、チャーシューが小さ目だったので3枚にしたとのこと。ありがたくちょうだいします。

 塩味なのでスープは白っぽい色です。とんこつはもっと白濁していますが、これは半透明ぐらいでしょう。

豪ーめん秋田高陽店 塩豪ーめん・中 
 斜め上から見ると、こんもりと野菜が盛られているのが分かります。

 まずはスープをいただきましょう。豚骨の風味がクリアに感じられます。塩だとベースの味が引き立つような気がします。パンチは弱いものの、切れ味が増した感じです。

豪ーめん秋田高陽店 塩豪ーめん・中 
 次に下から麺を引っ張り出して、野菜をスープに沈めます。シャキシャキのモヤシもおいしいんですが、熱でクタっとなったのも捨てがたい。麺を食べながら、頃合いを見て野菜をも口に運びます。

 チャーシューは柔らかく、肉の旨味が感じられます。

 途中で野菜に胡椒を振り掛けると、その刺激でまた食欲がわいてきます。これで勢いをつけて最後まで完食です。ごちそうさまでした。 あ~、食った、お腹いっぱい~。

豪ーめん 秋田高陽店
秋田県秋田市高陽幸町17-14

 塩豪ーめん・中

610円 



続きを読む

ラーメン123

2016年9月12日(月)

 朝夕はめっきり涼しくなりました。朝は布団から抜け出すのが一苦労で、ついつい寝坊してしまいそうになります。これからが一年で一番過ごしやすい時期かもしれません。

 さて、今日は新店に行ってきました。山王の「ラーメン123」さんです。以前、「えびや」さんがあった場所ですね。

 こちらのお店は、にかほ市象潟町にある「ファミリーレストラン123」さんの2号店です。秋田市進出にあたって、メニューを担々麺などの麺類に特化したようです。私は象潟町の本店には伺ったことがありませんが、担々麺が名物だという噂は耳に入ってきていました。それでは名物をいただくとしましょう。

 外見はえびやの時とほぼ同じですが、引き戸を開けて入った風除室に券売機が置かれていました。本来は担々麺だけでも4種類あるようですが、当面の間は2種類のみ提供となっているようです。まずは基本の『担々麺』をいただくことにしましょう。

ラーメン123 食券 
 入り口で案内してくれたスタッフに食券を渡し、指定されたカウンター席に座ります。外観はさほど変わっていませんでしたが、内装は一新しています。壁は白、カウンターやテーブルは茶系で統一され、えびやの時よりかなりおしゃれな雰囲気です。

 水はセルフです。給水器の隣には、紙ナプキンと穴あきレンゲがありました。

ラーメン123 卓上調味料 
 カウンター上の調味料です。ホワイトペッパー、醤油、お酢、辣油と並んでいます。ちなみに割り箸ではなく、洗い箸です。

ラーメン123 ティッシュボックス 
 ティッシュボックスも茶系で統一されています。ただ、残念ながらティッシュは売り切れでした。

ラーメン123 内観 
 えびやの時には4人掛けのテーブルが置いてあった場所です。

ラーメン123 担々麺 
 10分ほどで注文の品が届きました。表面を赤い油が覆い、挽肉、極太メンマ、炒りたまごがきれいに配置されています。

 まずはスープからいただきましょう。あまり辛くないという口コミもありましたが、私の感覚ではピリ辛のちょっと上ぐらいでしょうか。思っていたよりは辛みがあるな、という印象です。そして、独特の中華系香辛料を感じます。薬っぽいという口コミはこの香辛料のせいでしょうね。私は平気ですが、好き嫌いはありそうです。

 トッピングの挽肉も香辛料が効いていますが、こちらは甘めに感じます。

 極太メンマはサクっとした歯応えがたまりません。

 炒りたまごは面白いですね。普通なら溶き玉子のようにすると思いますが、これは別に作ったものを乗せたようです。フワッとした食感がちょうど良い箸休めになります。

ラーメン123 担々麺 
 麺は軽くウェーブがかった中太麺。柔らかめの茹で加減ですが、それがスープに合っているように感じられました。

 穴あきレンゲは使わずに、普通のレンゲで挽肉をすくい続けました。額にはほんのり汗が浮かびます。次は『NEW担々麺』をいただきましょう。ごちそうさまでした。

ラーメン123
秋田県秋田市山王2-4-6 谷内ビル1F

 担々麺

760円 



続きを読む

夢盛亭

2016年9月7日(水)

 昨日は涼しく過ごしやすい夜でした。朝まで一度も目が覚めずに眠れたのは久しぶりです。夏の疲れもだいぶ取れたような気がします。

 さて、本日のお昼は「夢盛亭」さんです。先週に続き2度目の訪問。気になるメニューがいくつかあるので、確認するためにやって来ました。

 秋田まるごと市場の駐車場には大型バスの姿も見えますが、一般の車はさほど多くないようです。夏休み期間の混雑は一段落したようです。車を停めて、店内へ入ります。

夢盛亭 立て看板 
 お店の入り口付近に立て看板がありました。前回は建物の外にあったと記憶していますが、中に移動したようです。

夢盛亭 日替りサンプル 
 その隣には日替わりのサンプルがありました。これも魅力的ですが、既に決めているので今日はパスです。

 店頭で店員さんに注文を伝え、お金を払います。本日いただくのは『広東麺』です。私にとっては食べることが少ないメニューですが、中華料理としては王道でしょう。一度は確認しておきたいところです。

夢盛亭 メニュー 
 前回アップしたメニューには灯りが写り込んで判別できない箇所があったので、もう一度掲載します。でも、やはり灯りが写り込んでしまいました。なかなか難しいものです。

 注文後、5分ほどで番号が呼ばれました。さっそく取りに行きます。

夢盛亭 広東麺 
 こちらが『広東麺』です。前回同様、あんがたっぷり乗っており、麺はまったく見えません。

夢盛亭 広東麺 
 おやっ。何やら不思議な形の具材があります。翼を広げた鳥のように見えますね。なかなか芸が細かい。

 具は、にんじん、白菜、豚肉、キクラゲ、うずらの卵、青梗菜、タケノコなど。食材はシャキッと仕上げられており、甘辛の味付けに醤油が焦げたような香りが食欲をそそります。

夢盛亭 広東麺 
 麺は中太で、麻婆ラーメンと共通です。

 あんが熱々なので、必然的に食べる速度はゆっくりです。麺と具を交互にいただきながら完食しました。ごちそうさまでした。

夢盛亭
秋田県秋田市卸町2-2-7 秋田まるごと市場内

 広東麺

720円 



続きを読む

中華料理 なかみち

2016年9月3日(土)

 今日は息子と二人でお昼を食べるために外に出ました。やって来たのは由利本荘市薬師堂の「なかみち」さん。息子のリクエストによるものです。

 お店に着いたのは午後0時50分頃。いつものように混んでいますが、1階の小上がりに空きが1卓あり、すぐに座ることができました。セルフの水を汲んで、さっそくメニューを検討します。
 
なかみち メニュー 
なかみち メニュー 
 今日も真夏日ですが、店内は冷房がガンガン効いています。前回は冷し系だったので、今日は熱々メニューにしましょう。最近食べていなかった『味噌チャンポン』にします。息子はいつもの『豚キムチ飯大盛り』。シェア用に『とり皮餃子』もお願いします。

 毎回同じメニューの息子に理由を聞いてみると、豚キムチ飯が食べたくなったから「なかみち」へ行くのだそうです。なるほど、それなら納得です。

なかみち とり皮餃子 
 初めに『とり皮餃子』が届きました。二人でつまみながらメインの到着を待ちます。

 ほどなくして、息子の『豚キムチ飯大盛り』、続いて私の『味噌チャンポン』が届きました。

なかみち 味噌チャンポン 
 味噌チャンポンは野菜や肉、魚介などの具沢山が特徴です。野菜はもやし、キャベツ、玉ねぎ、にんじん、キクラゲなど。これに豚肉、イカ、エビが加わります。時期によって入っている野菜の割合が微妙に変わりますが、これは野菜の旬や価格に合わせているんでしょうね。ちなみに今日はもやしの割合が多かったようです。

 全体が熱々なので、口内火傷しないように慎重に食べ進めます。スープは味噌ベースですが、それほど味噌が主張しているわけではなく、野菜や魚介の旨味と融合しています。メニューには[辛]マークが付いていますが、ほんのピリ辛なので、よほど辛いものが苦手な方でなければ大丈夫でしょう。

なかみち 味噌チャンポン 
 麺は自家製の中細ストレート。ちょうど良い茹で加減で、スープが良く絡みます。

 いつもなら息子よりだいぶ早く食べ終わるんですが、最近はゆっくり食べることを気にかけるようにしているので、今日はほぼ同時に食べ終わりました。今日もお腹一杯、ごちそうさまでした。

中華料理 なかみち (中華料理 / 薬師堂)
★★★☆☆ 3.0



 味噌チャンポン

850円 



続きを読む

我武者羅

2016年9月2日(金)

 9月に入りましたが、まだ暑い日が続いています。それでも熱いラーメンを求めて山王にやって来ました。目指すは「我武者羅」さんです。こちらは焼鳥が名物の居酒屋ですが、7月からランチを始めたとのこと。さっそく行ってみましょう。

我武者羅 立て看板 
 お店は以前「権三」さんがあった場所。駐車場がしっかり完備されているのがありがたい。店内へ入ると、入り口で店員さんに迎えてもらいました。

我武者羅 メニュー 
 案内されたカウンター席でメニューをながめます。鶏ベースのスープが基本のようです。

我武者羅 メニュー 
 裏には、ウラメニュー。嫌いじゃないですよ、こういうノリ。

 お水を持ってきてくれた店員さんに注文を伝えます。初めてなのでメニュートップの『元祖鶏SOBA塩』にしましょう。麺は太麺で。それに他の方の口コミで気になった『激辛ラージャン』もお願いします。

我武者羅 グラス、ピッチャー 
 ピッチャーとグラスです。おしゃれですね~。

 厨房の中では圧力鍋がシュッシュと音を立てています。これで鶏を煮込んでいるんでしょう。

我武者羅 メニュー 
 メニューを良く見るとこんなコメントがありました。麺少なめが選べるのはいいですね。

我武者羅 卓上調味料 
 こちらは卓上調味料。中身を確認するのを忘れました。

我武者羅 元祖鶏SOBA塩 
 ほどなくして注文の品が届きました。こちらが『元祖鶏SOBA塩』です。丼は逆三角形で、底が深いタイプ。東通にあった赤坂ラーメンを思い出します。

 トッピングは鶏チャーシュー、メンマ、味玉、水菜、海苔。鶏チャーシューは真空調理でしょうか。しっとりした食感です。

 スープは濃厚で、ねっとりした食感です。ざらつく感触は骨が砕けるまで煮込んでいるからでしょう。塩分は控えめな印象です。

我武者羅 元祖鶏SOBA塩 
 麺はモチモチの太麺で、ちょうど良い茹で加減です。

我武者羅 激辛ラージャン 
 そして『激辛ラージャン』。本当に辛いですから少しずつ入れてくださいね、と念を押されたので、まずはレンゲにスプーン一杯分投入して様子を見ましょう。

 そのままなめてみると、なるほど結構な辛さです。普通の唐辛子だけではない、エスニックな辛さも感じます。さらにスープに直接入れてみると...これは合いますね。濃厚だけどちょっとおとなしい印象のスープが、いきなりランクアップしました。ただしこれは辛いものが好きな人用です。念のために。

 麺を食べ終えてもスープをすくう手が止まりません。底の深いどんぶりなので、スープもなかなか量があります。全部飲みきる前にお腹一杯になってレンゲを置きました。ごちそうさまでした。

 ハンカチで額の汗をぬぐい、レジでお会計です。ラージャンは大丈夫でしたか、とここでも気を使ってもらいました。まだ若そうな店員さんが多いのに、親しみやすく丁寧な接客は良いですね。細麺も気になるので、また来ます。気持ちよく店を後にしました。

我武者羅
秋田県秋田市山王1-10-20 山昭ビル1F

 元祖鶏SOBA塩

780円 

 激辛ラージャン

100円 



続きを読む

プロフィール

ラーメン大好き、食べることが大好き

non☆you

Author:non☆you
グルメではありません。食べることが好きなだけです。
味は個人の好みですので、参考程度に見てください。

猫を飼っています

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

検索フォーム