レストラン青銅館

2016年4月30日(土)

 連休を利用して家族旅行に行ってきました。子供たちも年々大きくなり、全員そろって行けるのはあと何回あるでしょう。心に残る思い出を作りたいものです。

 初日は青森県黒石市に宿泊し、二日目は南下して小坂町を訪れました。私は何度か来たことがありますが、子供達にとっては初めての町です。康楽館、レールパークなどで楽しんだ後、お昼ご飯を食べるために訪れたのは「レストラン青銅館」さんです。

 事前にネットで調べた際、秋田県金属鉱業研修技術センターという堅そうな名前の施設内にお店があるとの情報がありました。ナビにしたがって進むと、確かにそういう建物があります。敷地内に入ると、ホテル小坂ゴールドパレスの案内が見えてきました。レストランは確かこのホテルが経営していたはず。矢印が示す通り右に曲がります。すぐにホテルと駐車場は確認できましたが、レストランはどこに?

 辺りをキョロキョロ見回すと、右手にそれらしき建物を発見。ぐるっと回ってレストランの駐車場に到着。よく見ると施設内を通る必要はなく、前の道路から直接入れるようです。とんだ回り道をしてしまいました。

 レストランの外観はほぼ円形で、寺院のようでもあります。店内に入ると、窓際にずらっとテーブルが並んでいます。先客は5組ほどで、まだまだ余裕があります。空いたテーブルに座り、メニューを開きました。

レストラン青銅館 メニュー 
レストラン青銅館 メニュー 
 メニューは開いたものの、下調べの段階で私は決めていました。お店イチオシの『黒鉱カレー』です。息子は私と同じものを、妻と娘はそれぞれ『和風ステーキ丼』と『桃豚ヒレカツ定食』をお願いしました。小坂に来たら桃豚を食べないとね。

レストラン青銅館 カトラリー 
 注文後、黒鉱カレーを頼んだ人にはナイフやフォークがセッティングされます。

レストラン青銅館 内観 
 卓上調味料など。窓の向こうにホテルの入り口が見えています。

レストラン青銅館 黒鉱カレー 
 注文してから10分ほどで黒鉱カレーがやって来ました。名前の通り黒いカレーに金粉が散らしてあります。鉱山だからかな。カレーの他にサラダとスープが付きます。 

レストラン青銅館 黒鉱カレー 
 説明によると、カレーにはイカスミが入っているとのこと。ドロッとしたタイプのカレールーは独特の風味があります。辛みはさほどありませんがコクがありますね。これはイカスミによるものでしょうか。なかなかおいしいカレーです。

 トッピングされたヒレカツが、これまた旨い。さすがは桃豚、ありきたりの表現ですが柔らかくてジューシーです。ナイフが付いていますが、スプーンで切れちゃいました。

 家族も桃豚のおいしさには驚いていたようです。量的に息子は少々物足りなかったようですが、妻のステーキ丼が回って行ったのでお腹も満足したようです。ごちそうさまでした。

レストラン青銅館
秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山古館9-3 秋田県金属鉱業研修技術センター

 黒鉱カレー

1,200円 



続きを読む

スポンサーサイト

吾作ラーメン 秋田山王店

2016年4月21日(木)

 今日のお昼は秋田市山王にある「吾作ラーメン」さんに行ってきました。  前回は野菜みそを食べたので、今日は『醤油』をいただきました。

 店内に入ってすぐのレジで食券を購入し、コップに水をくんでカウンター席に座ります。

吾作ラーメン秋田山王店 食券 
 食券はカウンターの上に置きます。前回の学習効果が発揮されました。

吾作ラーメン秋田山王店 卓上調味料 
 こちらは卓上の調味料。

吾作ラーメン秋田山王店 卓上調味料 
 左はおろしニンニク、右は試していませんが、たぶんおろしショウガでしょう。

吾作ラーメン秋田山王店 卓上調味料 
 こちらは七味と胡椒。

吾作ラーメン秋田山王店 卓上調味料 
 そして、にんにくラー油とニラ南蛮。

 調味料は各種取り揃えてあるので、いかようにもカスタマイズ可能です。

 この店では厨房を取り囲むようにカウンターがしつらえてあり、調理の様子が良く見えます。いわゆるオープンキッチンですね。

 レジで注文を受けてから、各自がそれぞれの役割をこなし、徐々に一杯のラーメンができあがっていく様子は見ていて楽しいものです。

 この日は比較的空いていましたが、スタッフの連携の良さもあり3分ほどで注文の品が届きました。

吾作ラーメン秋田山王店 醤油ラーメン 
 こちらが『醤油ラーメン』です。具はスライスチャーシュー5枚、サイコロ型チャーシューが数個、幅広メンマ、海苔、刻みネギ。

 スープは醤油の味がストレートに感じられます。秋田県人が好みそうな塩分濃度は高めの味です。

 チャーシューはかみしめて肉を味わうタイプ。これだけあると、肉を食った満足感が得られます。

吾作ラーメン秋田山王店 醤油ラーメン 
 スープに良く絡む中太ちぢれ麺ですが、今日は少々柔らか目の茹で加減でした。

 途中で、おろしニンニク、にんにくラー油などを加えて味をカスタマイズ。私はにんにくラー油の辛みが合うように感じられました。

 入店時もそうでしたが、帰る際にもスタッフの元気な挨拶が聞こえてきます。基本的なことですが、大事なことだと思います。

 私も、「ごちそうさまでした」と返して、店を後にしました。

吾作ラーメン 秋田山王店
秋田県秋田市旭北錦町4-52

 醤油ラーメン

700円 



続きを読む

そば処 更科

2016年4月19日(火)

 先週末、九州・熊本で発生した地震はこれまで、当初の予想を超えた被害をもたらしています。いまだ余震も続き、安心して休むことのできない状況が続いているようです。被害にあわれた方には心よりお見舞いを申し上げるとともに、一日も早く日常に戻ることができるようお祈り申し上げます。微力ながら私も協力したいと思います。



 さて、本日のお昼に向かったのは、通称「横町通り」と呼ばれるエリアです。住所は秋田市大町6丁目で、千秋麺で有名な「紀文」さんがある通りですね。その紀文さんから五丁目橋方向に少し進んだところにお店はあります。今日のお昼は「そば処 更科」さんです。
 こちらには何度も来たことがありますが、明るいうちに来るのは初めてです。というか、昼営業していることを最近まで知りませんでした。昔からやってたのかな~。

 引き戸を開けて店内に入ります。こじんまりした店内は、4人掛けのテーブルが2卓と10人掛けの大テーブルが1卓という構成。飲んだ後ではもっと広く感じられたんだけどな~。

 4人掛けには先客がいたので、私は大テーブルに座ります。この席はカウンター代わりに使われているんでしょう。大テーブルの片隅で新聞を読んでいたおばちゃんが、新聞を畳んで置き、温かいお茶を持ってきてくれました。

更科 メニュー 
 こちらがメニューです。〆で何度も来ていますが、なにせ酔っ払いのこと。何を食べたか、どんな味だったかほとんど覚えていません。となれば、ここは基本に立ち返り『もりそば』をいただくことにしましょう。あっ、お腹が空いているので「大もり」でお願いします。

更科 卓上調味料 
 卓上はこんな感じ。

更科 内観 
 正面を向くとこんな感じ。厨房の中には若い男性の姿が見えました。ちなみに4人掛けテーブルは右手にあります。

更科 もりそば・大もり 
 5分ほどで注文の品が届きました。屋号通りに更科系の白くて細い蕎麦です。つゆは器に入っているほかに、追加用もあります。大もりを頼んだからかもしれません。

 基本的に蕎麦屋で食べる蕎麦は量が少ないというイメージがあります。肴をつまみながらお酒を飲み、最後に蕎麦で〆るという使い方ならそれでも良いと思いますが、蕎麦だけで食事を済ませると物足りなく感じることが多いんですよね。

更科 もりそば・大もり 
 そこで、ついつい大盛にしてしまうんですが、それでも足りないと感じることもあります。でも、今日は杞憂でした。どうですか、この盛りっぷり。デカ盛りというわけではありませんが、これだけのボリュームがあれば、今の私には十分すぎるほど。カツオの効いた濃いめのつゆにたっぷり浸して、ひたすら蕎麦をすすり込みます。

 最後にそば湯をいただき、蕎麦を食べた満足感に浸ってお店を後にしました。ごちそうさまでした。

そば処 更科
秋田県秋田市大町6-2-11

 もりそば・大もり

750円 



続きを読む

ネパールダイニング ポカラ

2016年4月16日(土)

 先週の「ANMOL」さんに続き、新規開店のカレー屋さんに行ってきました。由利本荘市川口で3月にオープンした「ポカラ」さんです。事前に得た情報によると、ネパールからこちらに嫁いでこられた方が開いたとのこと。期待できそうです。

 お店はR105号沿いで、県立大本荘キャンパス入り口の交差点のすぐそばにあります。店の前には10台ほど置けそうな駐車場があります。お店はまだ新しく、外観は山小屋風です。車を停めて、さっそく店内へ。

 店内に入るとすぐにテーブル席があります。オーナーと思しきネパール風の衣装を着た女性に人数を告げると、左奥の半個室に案内されました。その右手には小上がりもあります。席についてさっそくメニューを検討します。

ポカラ メニュー 
 ランチのセットは3種類。ANMOLと似たような構成です。本日のカリーは何か聞いてみると、Aセットはシーフード、Bセットはチキンとダルとのこと。私と息子は『Kana B set』、妻は『Kana A set』をお願いしました。辛さはどうしますか、というので大辛だとどれぐらい辛いか聞いてみると、普通の辛口とのこと。私は大辛、妻は中辛にします。最近辛さに慣れてきた息子が大辛にするというのを、まだ早いと中辛に押しとどめました。

ポカラ 本日のカレー 
 注文した後、本日のカレーが店内に掲示されているのに気が付きました。Cセットはマトンとダルのようですね。

ポカラ Kana B set・サラダ 
 注文後すぐに、サラダとラッシーが届きました。サラダは、キャベツ、水菜、キュウリなど。ドレッシングはクセのないタイプです。

ポカラ Kana B set・ラッシー 
 ラッシーはドロッと濃いタイプで、甘さはANMOLより控えめ。

 
ポカラ Kana B set・ナン 
 続いてナンが運ばれてきました。ディナーに行った人の話では、ANMOLより小さかったそうですが、どうしてどうして。私が見る限り、ANMOLより大きいと思われます。ディナーとランチでは違うのかもしれません。

ポカラ Kana B set 
 さらにカレーが乗ったプレートもやって来ました。全部揃うまで5分ほどです。早いですね。

ポカラ Kana B set・カレー 
 左がダル、ようするに豆のカレー、右がチキンです。

ポカラ Kana B set・ライス、アチャール、プチ・ティッカ 
 こちらがライスとアチャール、プチ・ティッカ。アチャールはANMOLでも付いていましたが、聞いてみると日本の漬物ようなものだそうですが、塩気はあまりありません。ティッカは骨なしのタンドリーチキンのような料理ですが、様々なスパイスが効いていてなかなか旨い。ビールのつまみにぴったり。

 さて、カレーですが、ダルはもったりした食感で、カレーというよりドロッとしたスープのような味わい。辛さはほとんどありません。

 一方、チキンは日本人好みのカレーです。モチモチしたナンとの相性もばっちり。私は大辛でもまだ余裕ですが、息子は中辛で汗をダラダラ流していました。ねっ、大辛にしなくて良かったでしょ。

 単純に辛さの度合いでは、我が家の辛口、ANMOLのホット、ポカラの大辛の順番ですかね。

ポカラ 内観 
 テーブルの横に小さな棚がしつらえてあり、ティッシュと爪楊枝が置かれていました。

 私はもちろんナン一枚で満腹。息子が物足りなければ、おかわりナンを頼もうと思っていましたが、妻のナンが三分の一ほど差し入れされたようで、こちらも満足したようです。

 ANMOLとポカラ、セットの内容、価格は似た感じ。味は好みの問題でしょう。私はどちらもおいしかったので、どちらもまた伺いたいと思います。ごちそうさまでした。

ネパールダイニング ポカラ
秋田県由利本荘市川口字八幡前38-1

 Kana B set

1,080円 

 Kana A set

880円 



続きを読む

ANMOL支店【閉店】

2016年4月9日(土)

 今日は妻と二人でお出かけです。にかほ市の金浦と象潟で用事を済ませると、ちょうどお昼時。道の駅象潟内の新たな商業施設「にかほっと」は本日グランドオープンですが、混雑しているのが目に見えてます。いずれ訪問する機会もあるでしょうから、今日は別のお店に伺うことにしました。2月にオープンした「ANMOL支店」さんです。

 支店というからには、当然本店がありますよね。調べてみると、山形県鶴岡市で昨年から営業しているカレー屋さんのようです。本格的なインドカレーが食べられるとのこと。期待しましょう。

 お店は7号線沿いにあります。仁賀保高校やきさかた自動車学校へつながる丁字路のすぐそば。近くには、にかほ陣屋、華月があります。

 店舗前には10台以上停められるスペースがありますが、2、3台分しか空いていません。待つのを覚悟で店内に入ると、ちょうど食べ終わって会計中のお客さんがいました。テーブルを片付けてもらい、すぐに座ることができました。さい先良いですね~。

 ここはしばらく空き家だったはずですが、以前は何だったか思い出せません。店内は改装されているようで、インド風のポスターや置物があり異国情緒十分です。席は、壁に向かったカウンターが3席、2人掛けテーブルが2卓とそれより一回り小さい1人掛けテーブルが1卓、小上がりには4人用座卓が4卓と6人用が1卓という構成。

 案内された小上がりに座り、さっそくメニューを検討します。メニューはホリディランチとグランドメニューの2種類がありますが、今日ははランチから選ぶことにしましょう。

ANMOL支店 メニュー 
ANMOL支店 メニュー
 メニューは突っ込みどころ満載です。妻の友人から、ナンが食べ放題だと聞きましたが、それはCの「おかわりセット」のようですね。今日は二人ともこれをいただくことにします。次にカレーの種類を選びますが、名前を見ただけではよく分からないので、店員さんに聞いてみました。4のパニルはチーズのこと、5の具材はポーク、玉ネギ、ピーマンだということが判明。私は5.ポックをホットで、妻は1.マメをミディアムにしました。ドリンクは二人ともラッシです。一般的な名称とちょっと違うものもありますが、外国語の標記は難しいですから、今日はこちらのメニューにある名称を尊重します。

ANMOL支店 メニュー 
ANMOL支店 メニュー
 フロアの店員さんは、インド風1名とネパール風1名。2人とも日本語は上手で、会話にはまったく問題ありません。メニューにはちょっと不思議な日本語がありますが、それはぜひお店でご覧ください。

ANMOL支店 おかわりセット・ラッシー
 注文後すぐに、ラッシとサラダが運ばれてきました。ラッシはサラッとしたタイプで、かなり甘いです。これはメインのカレーが届くまで置いておきましょう。

ANMOL支店 おかわりセット・サラダ
 サラダはレタスと刻みキャベツにドレッシングがかけられたもの。ドレッシングからはカレーの風味が漂うので、何か共通のスパイスが入っているものと思われます。ただし、辛さはまったくなくて、甘みの方が強いくらい。普通においしいドレッシングです。

ANMOL支店 おかわりセット・ナン 
ANMOL支店 おかわりセット・ナン
 次にナンが運ばれてきました。見た瞬間、デカい... これまで何度かナンは食べていますが、おそらく一番大きいんじゃないかな。おかわりはちょっと無理かも...

ANMOL支店 おかわりセット・マメカレー
 すぐにカレーも届きました。これは妻が頼んだ「マメ カレー」です。

ANMOL支店 おかわりセット・ポークドピヤザカレー
 続いて私が頼んだ「ポック ドーピヤザ カレー」も届きました。カレーの色が違いますね。左上にあるのは野菜の和え物? 真ん中は豆のせんべいだそうです。

ANMOL支店 おかわりセット・ポークドピヤザカレー
 さっそくいただきます。カレーは最初に口に入れたときは甘みを感じますが、その後に辛みがやってきます。辛さの度合いだけなら、我が家のカレーといい勝負ですが、味の深みがまったく違います。これは旨い。辛いけど止まらないおいしさです。

 ふっくら焼き上げたナンとカレーの相性は抜群です。ライスは長粒米で日本人向きではないと思うので、ナンだけでも良いかも。

 甘いラッシの助けも借りて、残さず全部いただきました。途中、店員さんが大丈夫ですか?と水を持ってきてくれました。店員さんが心配するくらい汗をかいていたんですね。でも気持ち良い汗でしたよ。ごちそうさまでした。

 会計時にポイントカードと割引券をいただきました。次はがっつり食べられる息子を連れてきます。

ANMOL支店
秋田県にかほ市金浦下谷地46-1

 おかわりセット

990円 



続きを読む

セリオンキッチン

2016年4月6日(水)

 今日のお昼はセリオンに行ってきました。以前から気になっていたお店、「セリオンキッチン」さんに突入です。

セリオンキッチン 内観
 お店はセリオンの1Fにあります。以前は海鮮レストランが入っていたようですね。店内はおしゃれな造りで、フロアから1段高くなった窓際の席に陣取りました。ここからは港が一望できます。

セリオンキッチン メニュー 
セリオンキッチン メニュー
 ランチメニューは4種類のみ。すべてに惣菜ビュッフェとドリンクが付きます。期間限定に弱い私が選んだのは、そうです『鶏塩鍋定食』です。

 注文後、店員さんがお皿を持ってきてくれます。これに惣菜をお取りくださいとのこと。では遠慮なくいただきましょう。

 窓と反対側の壁際に大皿に乗った料理が並べられています。全部で7、8種類ほど。農家レストランとのことで、野菜料理が中心です。タケノコと鶏肉の煮物、豆腐にとろろが乗ったもの、にんじん黒酢和え、ポテトサラダを少しずつ皿に取り、最後に野菜クリーム煮をお椀によそって席に戻りました。

セリオンキッチン 惣菜ビュッフェ
 盛付があまりきれいではありませんが、こちらが惣菜4種。テーブルには調味料が置かれていないので、このまま食べることになります。煮物は比較的しっかりした味付けでしたが、豆腐とろろは薄味です。秋田県人としては醤油がほしくなるところですが、塩分控えめというのが秋田県の提言なので、ここは尊重することにしましょう。

セリオンキッチン 惣菜ビュッフェ
 こちらは野菜クリーム煮。早い話が、じゃがいもとにんじんのクリームシチューです。

セリオンキッチン 鶏塩鍋定食
 ほどなくしてメインの料理が運ばれてきました。おしゃれな店内に不似合いなアルミ鍋です。右下の器にはポン酢が入っています。

セリオンキッチン 鶏塩鍋定食
 鍋のふたを取るとこんな感じ。こちらも野菜たっぷりです。

セリオンキッチン 鶏塩鍋定食
 具材は、鶏肉、キャベツ、豆腐、しめじ、エノキ、長ネギ、ニラ。刻んだ鷹の爪が散らしてあります。

 スープはほんのり塩味で、鶏や野菜の旨みが溶け込み、なかなかのお味です。野菜たっぷりで、ボリュームもそれなりにあります。

 この後、もう一度惣菜を取りに行き、未食の棒棒鶏風サラダなどをいただきました。お腹一杯になりましたが、野菜中心なので罪悪感はありません。ごちそうさまでした。

セリオンキッチン
秋田県秋田市土崎港西1-9-1 ポートタワーセリオン1F

 鶏塩鍋定食

1,200円 



続きを読む

弾岩ラーメン

2016年4月2日(土)

 先週に続き今日も朝ラーに行ってきました。お店は泉北の「弾岩ラーメン」さんです。これが2回目の訪問ですが、前回は何と7年前で、まだ土崎に店があった頃です。その後、飯島に移転してちょっと遠いな~と思っていたら、今年2月に泉北に移って来ました。一気に近くなったので伺う機会を狙ってきましたが、今日はちょうど良いタイミングです。さっそくお邪魔しましょう。

 お店があるのは新国道の操車場入口交差点すぐそば。以前「麺屋いけだ」さんがあった場所ですね。駐車場は店の裏にあります。

 店内は正面奥に厨房があり、その手前がカウンターで道路側に小上がりという構成です。先客2名が食事中で、私は空いたカウンター席に座ってメニューを検討します。

弾岩ラーメン メニュー 
弾岩ラーメン メニュー 
 こちらがレギュラーメニュー。前に食べたのは確か弾岩ラーメンだったはず。全のせってやつかな。それにしても、あっさりとりが450円とは、安いな~。

弾岩ラーメン メニュー 
 こちらが限定メニュー。今日は『とりパイタンしお』をいただきます。

弾岩ラーメン 卓上調味料 
 こちらが卓上調味料。

弾岩ラーメン 卓上調味料 
 カウンターの上には、おろしニンニクと沖縄のとうがらしが置かれています。

弾岩ラーメン 箸、レンゲ 
 レンゲとお箸。割箸ではなく洗い箸です。

弾岩ラーメン とりパイタンしお 
 ほどなく注文の品が完成。ご主人が厨房からわざわざ運んでくれました。鶏白湯の香りが漂います。

 まずはスープからいただきます。おっと、超濃厚の言葉に偽りはありませんね。鶏の旨味が凝縮された粘度の高いスープです。

 具は、チャーシュー、メンマ、味玉、青葱、糸唐辛子など。

弾岩ラーメン とりパイタンしお 
 麺は中太ストレート。低加水タイプでしょうか。茹で加減はやや固めで、濃厚スープに良く絡みます。

 鶏白湯をウリにするお店は他にもありますが、私が食べた中では1、2を争う濃厚スープです。それでいて、クセを抑えたクリーミーな味わいは誰にでも受け入れられそうです。お腹が空いているときなら、替え玉がほしくなるかも。ごちそうさまでした。

弾岩ラーメン (ラーメン / 土崎) ★★★★ 3.5



 とりパイタンしお



730円 




続きを読む

プロフィール

ラーメン大好き、食べることが大好き

non☆you

Author:non☆you
グルメではありません。食べることが好きなだけです。
味は個人の好みですので、参考程度に見てください。

猫を飼っています

カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

検索フォーム