FC2ブログ

幸楽苑 旭北錦店【閉店】

2016年3月31日(木)

 年度末です。異動に絡んだ作業なども発生し、そこそこ忙しいこの頃でした。ようやく一息つけたので外に食べに行ってきました。本日伺ったのは「幸楽苑 旭北錦店」さんです。

 ここを選んだ理由は、先日届いたクーポンの対象がまだ食べたことのないメニューだったからです。未食メニューを安く食べられれば言うことなし。

 年度末のせいでしょうか、店内は混み合っています。ただ広い店なので、一人ならば座る席に困ることはありません。空いた席に座ってさっそく注文します。本日いただくのは『味噌ねぎらーめん』です。

幸楽苑旭北錦店 メニュー
 ただいまの大盛り無料キャンペーンはこちらの2品。

幸楽苑旭北錦店 POP
 期間限定は海鮮らーめんです。

幸楽苑旭北錦店 卓上調味料
 いつもの卓上調味料です。辛みが活躍する場面はあるのか?

 他のお客さんに運ばれていくラーメンを見ていると、ネギが乗ったラーメンが多いようです。クーポンの効果でしょうか。

 混んでいたためいつもより遅めながら、それでも10分ほどで注文の品が届きました。、

幸楽苑旭北錦店 味噌ねぎらーめん
 う~ん、メニューの写真と比べると、ネギやチャーシューが少ないかな~。ただ、これは他店でも良くあることなので、気を取り直して味を確認してみましょう。

 味噌は甘めです。ネギの上からラー油がかかっていますが、この量では辛みは期待できません。早めに卓上の辛味を投入することになるでしょう。

 この店では麺が鬼門ですが、今日は茹で加減、湯切りともまずまずでした。

 万人受けを目指しているチェーン店なので、全体のバランスも悪くありません。何よりクーポンを使えば、ワンコイン以下の値段で食べられるんですから、これはお得でしょう。

 数年前なら、これじゃ足りない!と騒ぐところですが、今なら十分なボリュームです。健康のためスープは残します。ごちそうさまでした。

幸楽苑 旭北錦店
秋田県秋田市旭北錦町199-1

 味噌ねぎらーめん

529円(クーポンで50円引) 



続きを読む

スポンサーサイト

二球

2016年3月26日(土)

 昨夜は送別会でした。この頃、飲み過ぎるとお酒が翌日に残るようになったので、気を付けるようにしています。昨夜も名残り惜しかったんですが、一次会で別れて帰りました。それなのに、しっかり疲れが残っているんですよね。回復力がめっきり落ちてきています。年のせいかな~。

 さて、今日は久し振りの朝ラーです。築地場外の「井上」さんに行って以来なので、ほぼ一年ぶりです。疲れはありますが、酒のダメージはほぼゼロなので大丈夫でしょう。目指すは「二球」さんです。

 お店の前に着いたのが、午前7時40分。5台分の駐車場がありますが、停まっているのは1台、店内の先客も1名のみでした。開店早々は混むだろうと予想し、時間をずらしたのが正解だったようです。

 入り口左手の券売機で購入したのは「海老そば」です。メニュートップの煮干そば「激」とどちらにするか悩みましたが、飲み会の翌日ということもあり優しそうなネーミング?の方にしてみました。

 食券を購入すると、待ち構えていた店員さんがすぐに受け取り、厨房内に注文を伝えます。私は給水機でコップに水を汲み、カウンターに着席。どっこいしょっと。

二球 卓上調味料
 目の前の調味料。胡椒が2種類ありますね。

二球 卓上調味料
 ブラックペッパーと麺こしょうでした。

 待っている間に、次々とお客さんがやって来ます。やはり人気店です。

二球 海老そば
 ほどなくして注文の品が届きました。大判のチャーシューとぶっといメンマが目を引き、海老の香りが漂ってきます。

 スープを一口すすると、その熱さにびっくり。光の加減で気が付かなかったんですが、表面を油膜が覆っています。海老の香りもここから出ているようです。

 麺は中太ちぢれ麺。すすり込むと辺りにスープが飛び散るタイプですが、こうやって食べるのが旨い。

 チャーシューは箸で簡単にちぎれるほど柔らかく、味が濃すぎないところが私好みです。

 極太メンマはサクサクした食感がおいしい。これまた、私の大好きなタイプ。

 スープ自体はあっさりしており、朝からでもどんどんいけます。気が付けば丼は空っぽ。コップの水を飲みほし、布巾でカウンターを拭いてフィニッシュです。ごちそうさまでした。

二球
秋田県秋田市八橋新川向5-5

 海老そば

710円 



続きを読む

メルカートわかばマイスター

2016年3月24日(木)

 いよいよ年度末が近付いてきました。総務あたりと比べれば私の部署は大したことはありませんが、それでも気忙しくなってきます。今日はお弁当で済ませることにして買い出しに出発です。

 やって来たのは山王の「メルカートわかばマイスター」さん。今回が初めての訪問です。「一力」「たいあん弁当」「ふじやからあげ店」「はじめ」など秋田市内の主要なお弁当は食べているつもりでしたが、不思議とこちらには縁がありませんでした。満を持しての登場です。

メルカートわかばマイスター 日替わり弁当
 駐車場に車を置いて店内へ入ると、思ったよりもコンパクトな造りです。主力は肉系の惣菜のようで、お弁当は中央のテーブルに数種類が並べられているだけ。おかずとご飯の弁当のほか、オムライスなどもあります。初めてなのでまずは『日替わり弁当』にしましょう。

メルカートわかばマイスター 無料スープ
 お弁当購入者は無料のスープをいただくことができます。保温ポットから自分で容器に入れ、弁当と一緒にレジへ持っていきます。スープの容器にはふたが付いていますが、さらにビニール袋に入れてくれました。私はこういうサービスに感激してしまいます。 

メルカートわかばマイスター 日替わり弁当
 さて、肝心のお弁当ですが、お肉屋さん直営だけに肉料理が中心です。メインはメンチカツで、鶏唐揚げ、ひじきの煮物、砂肝?のトマト煮などが入っています。味付けは濃すぎず、薄すぎずちょうど良いあんばい。

メルカートわかばマイスター 無料スープ
 スープは野菜や肉の端っこが入ったコンソメで、なかなか良い味が出ています。

 おかずの種類が多く、スープまで付いてワンコインの価格は魅力的です。これまで訪れなかったことを後悔しましたね。ごちそうさまでした。

メルカートわかばマイスター
秋田県秋田市山王4-6-28

 日替わり弁当

500円 



続きを読む

そば処 けん太

2016年3月17日(木)

 仙台出張から帰ってきました。秋田駅に着いたのはお昼前でしたが、いろいろと用事を済ませていたら午後1時近くになってしまった。急いでお昼を食べる場所を探しましょう。

 昨夜の宴は楽しかったんですが、ダメージもずっしり残っています。年とともに回復力が落ちてますね。こんなときは蕎麦が良いかな。せっかくなので行ったことのないお店にしましょう。ということで、秋田市広面の「そば処 けん太」さんにやって来ました。

 こちらのお店は大学病院前の交差点の角にあります。入り口の反対側に駐車場があり、15、6台は置けそうです。引き戸を開けて店内に入ると、ほぼ満席状態。小上がりが空いていましたが一人だったので躊躇していると、お店の方にどうぞと言っていただいたので上がり込むことにしました。

そば処けん太 メニュー 
そば処けん太 メニュー
 お茶をいただきながら、テーブルのメニューを検討します。バリエーションが豊富ですね。写真は撮りませんでしたが、メニューはまだ続きます。

そば処けん太 メニュー
 どれにしようか悩んでいるときに、こちらのメニューを発見。期間限定という文字に極めて弱いので、すぐさま決定です。『にんにくねぎ中華』をお願いします。

そば処けん太 POP
 注文後、ふと壁を見上げると、こんな札が貼られていました。今日の体調ではさすがにカツカレーはちょっとキツイけど、なんだかそそられます。次の機会に試してみたいものです。

そば処けん太 卓上調味料
 本荘にもけん太というお店があり、数回行ったことがありますが、箸立てが同じですね。

そば処けん太 にんにくねぎ中華
 ほどなくして注文の品が届きました。お盆には中華そばのほかに、大根の漬物とお水、そしてガムが乗っています。メニューに辛口とあったのでお水が付き、にんにくなのでガムが付いたんでしょう。うれしい心遣いです。

そば処けん太 にんにくねぎ中華
 さて、肝心のにんにくねぎ中華をいただきます。丼に顔を近づけると、ぷ~んとにんにくの匂いが漂ってきます。よく見ると、天かすの間に刻んだにんにくがありますね。

 辛口とありますが、そんなに辛くはありません。ほんのりした辛みの中に甘みも感じます。ラーメン専門店とは違った、蕎麦屋さんの中華そばと言った感じ。柔らかい和の旨味があります。

 麺は細めで、このスープに良く合っています。そして、たっぷり乗った白髪ネギが良いアクセントになっています。シンプルな組み合わせですが、絶妙です。これは旨い。

 麺と具を食べ終えたら、スープにそば湯を投入します。今日ばかりはスープも全部いただきました。ごちそうさまでした。

 会計を済ませて外に出たら、体調不良はどこかに飛んでいました。にんにく効果は抜群のようです。あっ、ガム忘れた。

そば処 けん太
秋田県秋田市広面蓮沼85-1

 にんにくねぎ中華

600円 



続きを読む

番丁ラーメン 名掛丁店

2016年3月16日(水)

 本日は出張で仙台です。仕事は無事に夕方で終了し、その後は懇親会。おいしい酒肴とお酒をいただきました。さらに二次会のスナックでは大盛り上がり。幹事さんありがとうございました。

 さて、宴がお開きになりホテルに戻ろうと思ったんですが、何だかお腹が空いてます。考えてみると、一次会の最初に少々つまんだだけで、後はアルコールばっかり。せっかくなので仙台のラーメン屋さんに行ってみたい。地元の方にお勧めの店を聞いたところ、こちらの店に連れてきていただきました。「番丁ラーメン 名掛丁店」さんです。さんざん飲んだ後なので、記憶があやふやなんですが、そこはご勘弁を。

 厨房を囲むカウンター席に座ると、連れてきてくれた方がさっそく注文を入れてくれました。ビールと『番丁ラーメン』です。ビールを飲みながら厨房の中を眺めます。丼がデカいな~、と思っているうちに注文の品が届きました。

番丁ラーメン名掛丁店 番丁ラーメン
 お~、これが番丁ラーメンか~。麺の上にはもやしのあんかけがたっぷり乗っています。なかなかの迫力です。

番丁ラーメン名掛丁店 メニュー
 スープを一口飲んでみると、醤油味ですね。壁の説明には、味噌と醤油のうまさをとり合わせた、とありますが、味噌はどこだ?

 あんかけもやしを食べてみると、味噌の存在に気が付きます。なるほど、こっちは味噌味なのか。面白い組み合わせです。

 細めの縮れ麺をすすり込むと、味噌味のあんが絡みついて口の中に入ってきます。見た目よりあっさりしているので、どんどん食べ進められます。

 気が付くと丼は空っぽになっていました。ごちそうさまでした。

番丁ラーメン 名掛丁店
宮城県仙台市青葉区中央1-7-2 アールアイ名掛丁2号館B1F

 番丁ラーメン

750円 



続きを読む

鮨駒

2016年3月6日(日)

 ますます春めいてきた今日この頃です。ダウンを着ると暑いくらい。そろそろ春物でも良いかな、と思わせるような穏やかな日和。でも、まだ油断は禁物です。4月上旬までは雪への備えは必要ですね。

 さて、本日やって来たのは由利本荘市の「鮨駒」さんです。この辺りのお寿司屋さんの中では断トツで評価が高いお店です。いつか行きたいと思っていましたが、ようやくチャンスが巡ってきました。

 ランチは基本的に予約制になっているようです。ちょうど我が家でお祝い事があり、ダメもとで昨日電話を入れると、幸運にも予約が取れました。今年はツイているようです。

 お昼に総勢8名でお店を訪れました。駐車場は、隣のアパート前に1台、店の裏手に数台分用意されています。お店に入り名前を告げると、奥の個室に案内されました。

 靴を脱いで上がると、部屋には4人掛けのテーブルが2卓並べてあります。テーブルと椅子は普通のものより低い作りで、年寄りを連れた我が家にはありがたい。

鮨駒 内観
 床の間にはお花とかわいらしい絵が飾られています。

鮨駒 内観
 その脇には古風な文机がありました。

鮨駒 ランチコース・前菜
 まずは前菜が運ばれてきました。料理はちゃんと説明してもらったんですが、記憶力が弱っているのでうろ覚えです。間違っていたらごめんなさい。

 左上から時計回りに、シラス丼、自家製豆腐、鶏つくね、菜の花おひたし、厚揚げ田楽、ホタルイカ酢味噌合え。

 シラス丼は釜揚げシラスの下にちゃんとご飯が入っています。自家製豆腐はクリームチーズのように濃厚です。鶏つくねはつくねの概念が覆るような味わい。素材は良いものなんでしょうが、それ以上にきっちり手をかけていることが伺えます。

鮨駒 ランチコース・強肴
 次に運ばれてきたのは強肴です。奥が子持ち昆布、手前はサワラの塩麹焼きです。これまた、見て、そして味わって楽しい一品です。

鮨駒 ランチコース・天ぷら
 続いて、天ぷらの盛り合せです。手前右がふきのとう、左が海老と新玉ネギのかき揚げ、隠れていますが、奥にもう一品ありますが、何だっかな~。早々に食べてしまったので、分からなくなってしまいました。

鮨駒 ランチコース・寿司
 続いて、お寿司がやって来ました。マグロ赤身、カツオ、アジ、エビ、煮アサリ、イカなど。手前真ん中はシイタケです。お寿司にでいただくのは初めてです。

 お寿司はご飯少なめで、ひと口でいただけるサイズ。ネタはもちろんですが、酢飯がいつも食べているものより格段においしい。気が付けば器は空になっています。もう少しゆっくり味わえば良かったと思うものの、食べている間は夢中でした。

 お寿司には味噌汁が付きます。海老の頭が入っていました。

 最後はほうじ茶プリンです。抹茶プリンはよくありますが、ほうじ茶は珍しい。上に乗った小豆がアクセントになっています。

 どの料理もおいしくて、楽しいひと時を過ごすことができました。追加で頼んだ飲み物もすぐに持ってきてくれるなど、サービスも行き届いています。これでこの価格ならお値打ちでしょう。ごちそうさまでした。

 ただ一つ残念だったのは、ハンドルキーパーゆえ飲めなかったこと。今度は夜にゆっくりお邪魔したいものです。

鮨駒
秋田県由利本荘市桶屋町17-4

 ランチコース

2,700円 



続きを読む

すみたに

2016年3月4日(金)

 昨日の雪は何だったんでしょうか。というぐらい、今日は気持ち良く晴れています。気温も上がっているようですが、何といっても風が暖かくなっているようです。いよいよ春かな~...まだでしょうね。

 さて、本日伺ったのは秋田駅前の「すみたに」さんです。2月24日にオープンした末廣本舗系列のお店です。混んでいるのは覚悟のうえで、入れたらラッキーと思って行ってみることにしました。結果、ちょっと待ちましたが何とか入ることができました。

 事前に他の方のブログで予習して、注文は『中華そば』にするつもりだったんですが、券売機に「当面のあいだ、から麺のみの営業」との貼り紙があるではありませんか。これでは仕方ありません。『から麺』にしましょう。千円札で買える一番辛い『特辛(8倍)』にします。

 カウンター席に座って周りをながめてみます。ここは以前「炭火串焼 助六」という店でした。ランチで一度だけお邪魔したことがあります。さらに前は「めん笑」というラーメン屋さんでした。この時も一度だけお邪魔したことがあります。

 鰻の寝床の様な細長い造りが特徴的で、奥に向かって細長いカウンターが続きます。一番奥にテーブル席があるようですが、詳細は確認できませんでした。ちなみに、水はセルフで、入ってすぐ右に給水機があります。食券を買ったら水を持って席に着いた方がよさそうです。

すみたに 卓上調味料
 カウンターの上は極めてシンプル。置いてあるのは、割箸、楊枝、お酢だけ。

 メニューを絞ったとはいえ、混んでいるため少々時間がかかりました。座ってから15分ほどで「お待ちどうさま」の声と共に注文の品が届けられました。

すみたに から麺・特辛(8倍)
 こちらが『から麺・特辛(8倍)』です。具は、白菜、もやし、ニラ、豚ひき肉、溶き玉子など。担々麺といえばそうかもしれないし、辛いタンメンといえばそうとも言えそうです。何とも形容しがたいビジュアルですね。

 さて、スープからいきましょう。見た目通り辛いことは辛いんですが、思ったほど凶暴ではありません。溶き玉子が効いているのかもしれません。

 辛さよりも手強かったのが熱さです。表面を覆った油でスープがなかなか冷めません。昼休み時間内に会社に戻るために許された時間は10分ほど。

 辛さだけなら先日食べた寿がきやの「辛辛魚」の方がはるかに上です。でも、辛さだけでない旨味もあります。

 中太ストレート麺もスープに良く合っていましたが、ゆっくり味わう余裕はありませんでした。

 あらかたの具材をレンゲですくって口に放り込み、スープは半分以上残してお店を出ました。ごちそうさまでした。今度は時間に余裕のある時に来ます。

すみたに
秋田県秋田市中通2-7-4 コセキビル1F

 から麺・特辛(8倍)

990円 



続きを読む

プロフィール

ラーメン大好き、食べることが大好き

non☆you

Author:non☆you
グルメではありません。食べることが好きなだけです。
味は個人の好みですので、参考程度に見てください。

猫を飼っています

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム