FC2ブログ

宝来飯店

2015年12月25日(金)

 昨夜はクリスマスイブでした。皆さんはどのような聖夜を過ごされたでしょうか。我が家では23日にクリスマスケーキを食べたので、昨夜は何もなしです。

 さて、本日は新店です。といっても、お店はだいぶ前から同地で営業されており、単に私が訪れるタイミングがなかっただけですけど。由利高校正門近くの「宝来飯店」さんです。

宝来飯店 外観
 お店は国道からちょっと入ったところにあるため、地元の方や由利高校関係者以外には意外と知られていないかも。道路沿いにはこんな看板が出ています。

宝来飯店 外観
 店の前には4、5台停められる駐車場があります。車を停めて店の中に入ります。

 店内は正面に厨房があり、その手前にカウンター席。入り口近くにテーブルが2卓、並んで小上がりが2卓という構成です。先客はおらず、カウンター席に座るとおばちゃんが水を持ってきてくれました。

宝来飯店 メニュー
 厨房側の壁にホワイトボードがあり、本日のサービスメニューが書かれています。今日の目当てはこれです。口コミで見て気になっていた『サービスランチAセット』をいただきます。

宝来飯店 メニュー 
宝来飯店 メニュー 
宝来飯店 メニュー
 他のメニューはこんな感じ。麺類やご飯物はそれなりに種類がありますが、定食はほとんどなし。けっこう本格的な中華料理店なのかも。

宝来飯店 内観 
 カウンターから見た眺めです。飾られた写真はご主人が写したものでしょうか。

宝来飯店 卓上調味料 
 卓上調味料です。ごくごく基本的なものです。
 私のすぐ後に入ってきたお客さんはBセットを頼んでいました。厨房内からは鍋を振る音が聞こえてきます。

宝来飯店 サービスランチAセット
 10分ほどで注文の品が届きました。ラーメンから立ち上る湯気で写真がボケちゃいました。

宝来飯店 サービスランチAセット
 ラーメンです。やはりボケています。スープは醤油味で、非常に味が薄いです。私の健康に気を使ってくれた?

宝来飯店 サービスランチAセット
 対照的にカレーチャーハンはスパイシーな味わい。具は玉子、ハム、野菜など。パラパラっと仕上げっており、これはいけます。

 最近、カレーチャーハンをメニューで見る機会がありませんよね。独身で一人暮らしの頃は市販のカレーチャーハンの素を使って良く作っていたものです。食べていて懐かしさがこみ上げてきます。

宝来飯店 サービスランチAセット
 付け合わせの一品です。玉ねぎ、モヤシなどを炒めたものと千切りキャベツ。さらに、ガラスの器に缶詰のミカンが入っています。これも懐かしい。

 節制しなければいけない時期ですが、ダブル炭水化物に走ってしまいました。でも、それ以上の収穫がありましたよ。次は単品料理をいくつか頼んでみたいですね。ごちそうさまでした。

宝来飯店
秋田県由利本荘市川口字八幡前273-3

 サービスランチAセット

780円 



続きを読む

スポンサーサイト

はなまるうどん 秋田川元店

2015年12月22日(火)

 今日は冬至です。その割に気温は高いようで、厚着でちょっと歩くと汗ばむほど。これも温暖化現象の一つなんでしょうか。予報では週末に雪だるまマークが付いていました。これでようやくいつもの冬になる?

 さて、今日は先月オープンした「はなまるうどん 秋田川元店」さんに行ってきました。2度目の訪問です。前回見逃したおでんをチェックしてみたいと思います。

はなまるうどん秋田川元店 外観
 店舗中央にあるドアは出口専用。

はなまるうどん秋田川元店 外観
 もう少し右側にあるのが入り口です。

 店内に入ってトレーを取ると、その先におでんの鍋が置いてありました。コンビニにあるような仕切りがあるタイプです。鍋は2つあり、90円用と120円用に分かれています。まずは定番の『大根』。悩んだ末にもう一つは『こんにゃく』にしました。

 おでんを取ったので天ぷらはスルーです。メインは『まるごとわかめうどん・小』にします。年末年始の荒れた食生活に備え、今は節制の期間です。

 会計を済ませ、お茶をいただいてカウンター席へ。前回同様、テーブル席の混みようと比べるとカウンターは空いていますね。お一人様は少ないようです。

はなまるうどん秋田川元店 まるごとわかめうどん・小、おでん・大根、こんにゃく
 本日のランチです。これで480円也。

はなまるうどん秋田川元店 まるごとわかめうどん・小
 『まるごとわかめうどん・小』です。わかめがたっぷり乗っています。透明度の高いツユからは、ほんのりダシが香ります。今日のうどんはちょっと柔らかめ。 

 はなまるうどん秋田川元店 まるごとわかめうどん・小 
 わかめは葉の部分と茎の部分が入っています。柔らかい葉とコリコリした茎の2種類の食感が楽しい。いかにもヘルシーですしね。

はなまるうどん秋田川元店 おでん・大根、こんにゃく
 おでんです。こちらのツユも薄い色です。我が家のおでんとはずいぶん違いますね。

 実は今回の一番の収穫は、おでんの大根でした。こんにゃくは予想通りの味でしたが、大根は予想をはるかに超えた旨さです。外食でおでんを食べることは少ないのですが、私がこれまで食べたおでんの中では一番ですね。大根特有の臭みがなく、ほのかに甘さを感じます。中まで味が染みているのに、しっかりと歯応えが残っている。これは驚きです。

 大根の存在感が大きくて、肝心のうどんがかすんでしまいましたが、こちらも定番のおいしさです。節制期間のはずなのに、大満足の食事になりました。ごちそうさまでした。

はなまるうどん 秋田川元店
秋田県秋田市川元開和町9-6

 まるごとわかめうどん・小

300円 

 おでん・大根

90円 

 おでん・こんにゃく

90円 



続きを読む

とり・とん

2015年12月20日(日)

 本日は息子と「とり・とん」さんにやって来ました。約4か月ぶりの訪問です。

 お店に着いたのは午後1時ちょっと前。先客は3組です。奥の小上がりに座ってメニューを開きます。

とり・とん メニュー 
とり・とん メニュー
とり・とん メニュー
 前回は名物の広東麺のバリエーションを家族そろっていただきました。今日は別のものを試してみましょう。私はふと目に留まった『台湾ラーメン』、息子は『豚キムチ丼』をお願いしました。

 メニューには他に一品料理やお酒なども載っていて、夜になれば居酒屋としても利用できることが分かります。

とり・とん メニュー
 壁のメニューはお勧めということでしょう。我々が頼んだメニューも含まれています。

とり・とん 卓上調味料
 こちらは卓上調味料など。水のポットが最初からセットされています。

とり・とん 豚キムチ丼
 ほどなくして、息子が頼んだ『豚キムチ丼』が届きました。ちょっとピンボケですが、玉子とじタイプです。味噌汁とお新香が付いています。近くにある「なかみち」の『豚キムチ飯』を想像していましたが、これはこれでアリだそうです。

とり・とん 台湾ラーメン
 続いて『台湾ラーメン』もやって来ました。おー、なかなか素敵なビジュアルです。

とり・とん 台湾ラーメン
 レンゲを寄せて、もう一枚。トッピングは、もやし、ひき肉、ニラ、糸唐辛子など。

 まずはスープからいきましょう。刺激的なラー油の辛みを感じます。私にとってはピリ辛のちょっと上ぐらいですが、料理として提供するにはこれぐらいが限界なのかもしれません。ならば、激辛とは言わないまでも、大辛バージョンぐらいは欲しいかな。

とり・とん 台湾ラーメン
 麺は中細で軽くウェーブがかかったタイプ。他店に比べると、麺量は少なめに感じました。

 麺を食べ終えた後、底に沈んだひき肉をすくっているうち、スープもあらかた飲んでしまいました。ごちそうさまでした。

とり・とん
秋田県由利本荘市薬師堂字中道263-1

 台湾ラーメン

800円 

 豚キムチ丼

780円 



続きを読む

松屋

2015年12月16日(水)

 今日は後輩と県南の羽後町でお仕事です。せっかくなので名物の西馬音内そばをいただきたい。仕事の前に食べられるよう時間を調整して出かけました。

 昔、西馬音内の弥助そばが秋田市内に店を出していた時に食べたことがあります。また、「たちばな家」さんも弥助そばの系列だと聞いたことがあります。でも、西馬音内で食べるのは初めてです。

 有名なお店は何軒かありますが、仕事柄よく知っている店があるんです。それは「松屋」さん。今日はこちらにお邪魔します。

 暖簾をくぐって店内に入ると、懐かしい雰囲気が漂っています。ここはテーブル席だけですが、奥のガラス越しに座敷が見えます。店員さんが奥から出てきて、お茶を入れてくれました。

 西馬音内そばと言えば冷がけですが、ちょっとひねって『たぬきそば』にしました。後輩は『天ぷらそば大盛』を注文。

 実は店に入った時点で約束の時間まで30分しかなかったんです。ここからは5分もかからない場所ですが、天ぷらを注文して大丈夫なのか、ちょっと心配になりました。

 それから5分もかからず注文の品が届きました。二つ同時にです。心配は杞憂でした。

松屋 たぬきそば
 私が注文した『たぬきそば』です。後輩の大盛と比べると器は小振りです。

 箸でそばをたぐってすすり込みます。コシの強さとツルツルした食感が特徴的です。秋田市内で食べた弥助そばとはちょっと違うように感じました。

 ツユは口コミで皆さんが言っているように甘めです。そして、煮干しダシが存在感を放っています。これほど煮干しを感じるそばは初めてです。

 器は小振りですが、見た目以上にボリュームがあります。でも、それがスルスルとお腹に入っていきます。

松屋 卓上調味料
 途中で卓上の七味を入れたら、さらに速度が増して、あっという間に完食です。

松屋 たぬきそば
 残ったツユにそば湯を加えると、これも旨い。思わず飲み干してしまいましたが、もっと食べたい欲求にかられます。

 この後すぐに仕事なので追加はしませんでしたが、後ろ髪を引かれる思いで店を後にしました。ごちそうさまでした。

松屋 内観
 お勘定は奥の座敷に行って払いました。常連さんは先に奥で注文してから席に座るようですね。座敷脇から入り口を見た光景に懐かしさを感じました。いつまでも続いてほしいお店です。

松屋
秋田県雄勝郡羽後町西馬音内中野11-1

 たぬきそば

600円 



続きを読む

黄鶴楼

2015年12月13日(日)

 今日のお昼は息子と二人で外食です。何を食べようか考えているうち、以前から気になっていたお店に行くことになりました。由利本荘市の「黄鶴楼」さんです。

 お店はちょっと分かりにくい場所にあります。本荘高校近くのセブンイレブン脇の小路を入ったところ。車がすれ違うのも困難な道ゆえ、偶然通りかかるということはまずないでしょう。私も最近まで知りませんでしたが、ランチスポットを検索していたときに偶然見つけ、ブックマークを付けていました。いざ初見参です。

 目を付けた後、一度下見に来たことがあるので迷うことなく店の前まで付きました。店の前と左側に駐車スペースがあります。車を停めてお店に向かいます。

 風除室を抜けて左手の店内に入ります。中国風の置物や書などで中華料理屋さんの雰囲気が漂っています。ざっと見回したところ、4人掛けの丸テーブルが2卓、2人掛けテーブルが3卓確認できました。先客は子供連れの家族とご婦人2人組。私と息子は入り口近くの2人掛けテーブルに座りました。

黄鶴楼 卓上調味料
 テーブルにはメニューはなく、店員さんの姿も見えません。どうしたものかと思っているとき、メニューを発見。取りあえず何を食べるか検討しましょう。

黄鶴楼 メニュー 
黄鶴楼 メニュー 
黄鶴楼 メニュー 
黄鶴楼 メニュー
 メニューを眺めていると、入り口右手から年配の女性が出てきてお茶を入れてくれました。厨房の中にいたようですね。後から来たお客さんは厨房に向かって声を掛けていました。なるほど、そうすればよかったのね。

 悩んだ末に注文が決定。私は『高菜炒飯』、息子は『麻婆豆腐』と『白飯・並』。平日なら麻婆豆腐は定食メニューのようですが、残念ながら日曜日はないようです。

 我々が入ったのは午後1時頃でしたが、その後も続々とお客さんがやって来ます。4人掛けテーブルが相席になったところで満席。入り口に満席の札が掛けられました。

黄鶴楼 麻婆豆腐、白飯・並
 さて、まずは息子の麻婆豆腐が届きました。単品とご飯の組み合わせですが、スープとお新香もちゃんと付いています。麻婆豆腐の上にかかっているのは山椒のようで、スパイシーな香りが漂っています。辛さは控えめなので、よほど辛い物が苦手な人以外は大丈夫でしょう。

黄鶴楼 高菜炒飯
 少しして高菜炒飯が届きました。こちらもスープ付きです。

黄鶴楼 高菜炒飯
 炒飯に刺さっていたレンゲをどかして、もう一枚。高菜がたっぷり入っているのが分かりますね。

 炒飯はしっとり系ですが、オイリーな感じはしません。味付けは、高菜の酸味を生かしたしっかりした味付けです。濃すぎず、薄すぎずちょうど良い加減。

 中華スープを合間にはさみながら食べ進めます。食べていて飽きのこない味付けで、まだ食べたいと思わせます。あっという間に皿が空っぽになりました。もう一皿くらいいけそうな気にさせてくれます。ごちそうさまでした。

黄鶴楼
秋田県由利本荘市大鍬町243-1

 高菜炒飯

790円 

 麻婆豆腐

840円 

 白飯・並

180円 



続きを読む

幸楽苑 旭北錦店【閉店】

2015年12月10日(木)

 今週は好天が続いていましたが、それも今日までのようです。今夜からは雨になるとの予報。雪ではないので、良しとしますか。

 さて、今日は「幸楽苑 旭北錦店」さんに行ってきました。私が入った時点では店内にまだ余裕がありました。この後、どんどんお客さんがやって来ますが、広い店内なので座れないということはまずないでしょう。

幸楽苑旭北錦店 メニュー
 対面式カウンター席?に座ると、大盛り無料キャンペーンのPOPが目に飛び込んできます。でも今日はこれではありません。

幸楽苑旭北錦店 メニュー
 未食のメニューがあるんです。あっさり中華そばです。単品では足りなさそうなので、『あっさり中華そば半チャーハンランチ』を注文します。

幸楽苑旭北錦店 メニュー 
幸楽苑旭北錦店 メニュー
 単品の価格だと、あっさり中華そばが390円、半チャーハンが310円なので、セットにすると60円お得ということらしい。なお、本文中の価格はすべて税抜きです。

 幸楽苑にはかつて、290円の中華そばというメニューがありました。これがいつの間にか姿を消し、代わりに登場したのが司らーめん。価格は520円といきなり高級化。また、これらとは別に、極旨醤油ラーメンというメニューもありましたが、これもいつの間にかなくなって、その後にあっさり中華そばが登場しました。

 ネット上では、極旨醤油ラーメンをリニューアルしたのが、あっさり中華そばと言われているようです。どう変わったのか注目です。

幸楽苑旭北錦店 卓上調味料
 名前のあっさりがその通りなら、こちらの手を借りることになるでしょう。特に、左奥の辛み調味料は私のお気に入りなので。

幸楽苑旭北錦店 あっさり中華そば半チャーハンランチ
 ほどなくして注文の品が届きました。メニューの写真ではトレイに乗っていますが、この店ではトレイは見たことがありません。そういう方針なんでしょう。

幸楽苑旭北錦店 あっさり中華そば半チャーハンランチ
 あっさり中華そばです。見た目は確かに極旨醤油ラーメンに似ているかも。違いは三つ葉ですね。

 まずはスープから。甘みがあります。そして、この甘さには覚えがあります。食べたのが1年半も前なので断言はできませんが、極旨醤油ラーメンをベースにしているようです。

 こちらは半チャーハン。しっとり系で、しっかりした味付けです。ボリューム的にもちょうど良い感じ。

幸楽苑旭北錦店 あっさり中華そば半チャーハンランチ
 麺は共通で使われている中太の多加水麺。混んでなければ湯切りは大丈夫のようです。

 全体的にみると価格の割には良くできていると思いますが、ここは一味加えたいところ。卓上の辛み調味料でニンニク風味と辛みを追加すると、断然良くなりました。さらに胡椒を追加して、一気に完食です。ごちそうさまでした。

幸楽苑 旭北錦店
秋田県秋田市旭北錦町199-1

 あっさり中華そば半チャーハンランチ

691円 



続きを読む

さかなや道場 秋田駅前店

2015年12月8日(火)

 今日は穏やかな日和です。日なたにいると結構暖かい。小春日和と言いたいところですが、12月でも使えるのかな~。

 さて、今日は駅前にやって来ました。いつもなら市民市場やその周辺をうろうろするんですが、趣向を変えてみようかと思います。やって来たのは、緑屋ビル1Fの「さかなや道場 秋田駅前店」さんです。もちろん居酒屋ですが、ランチも営業しています。

 入り口のドアを開けて中に入ると、右手にレジがあり、左に入ってすぐの部屋がカウンター席です。カウンター越しに厨房が見えるというものではなく、小部屋をカウンター専用にしたもの。5席あるうち両端の席にお客さんがいて、私は真ん中の席に案内されました。

さかなや道場秋田駅前店 メニュー 
さかなや道場秋田駅前店 メニュー 
さかなや道場秋田駅前店 メニュー 
さかなや道場秋田駅前店 メニュー
 外にもメニューの一部が掲示されていましたが、あらためて確認しましょう。日替わりを含め、店名のとおり魚系のメニューが続きます。

さかなや道場秋田駅前店 メニュー 
さかなや道場秋田駅前店 メニュー
 魚以外のメニューがこちら。河ドラ系が品切れなのは残念ですが、ボリュームまで同じなら注文するには勇気がいりそうです。隣のお客さんが食べているカツカレーも気になりますが、今日は『カツ煮定食』にします。

さかなや道場秋田駅前店 卓上調味料
 こちらは卓上調味料。いたってシンプルです。

さかなや道場秋田駅前店 カツ煮定食
 思ったより早く注文の品が運ばれてきました。全体の写真を撮り損ねてしまったので、簡単に内容を説明します。一人用のコンロにトンカツの入った小鍋、ご飯、味噌汁、小鉢2品、お新香、生卵といった陣容です。 コンロには既に火が点いています。

さかなや道場秋田駅前店 カツ煮定食
 トンカツの下には玉ネギ、上には三つ葉が散らしてあります。

さかなや道場秋田駅前店 カツ煮定食
 生卵の使い方について説明はありませんでしたが、カツ煮というからにはこうでしょう。溶いた卵をトンカツの上に掛け回します。いったん蓋をして火が通るのを待ちましょう。

さかなや道場秋田駅前店 カツ煮定食・味噌汁
 味噌汁は油揚げとワカメ。いたって普通。

さかなや道場秋田駅前店 カツ煮定食・小鉢
 マグロとオクラ。醤油をかけていただきます。 カツが煮えるまでのつなぎです。

さかなや道場秋田駅前店 カツ煮定食・小鉢
 豆腐にカリカリ梅などの薬味を振りかけたもの。 箸休めにちょうど良い。

さかなや道場秋田駅前店 カツ煮定食
 5分ほどでこんな状態になりました。熱々なので口内火傷に気を付けながらいただきます。

 カツは思ったより厚みがあり、タレも味もなかなかいけます。

 これは好みの問題になりますが、玉ネギにはもう少し火が通り、玉子は半熟が私の好みです。ということは、玉ネギにある程度火が通ってから、卵を入れた方が良かったようです。

 とはいえ、なかなか面白い趣向で楽しめました。ごちそうさまでした。

さかなや道場 秋田駅前店
秋田県秋田市中通2-7-6 緑屋ビル1F

 カツ煮定食

780円 



続きを読む

きりん亭

2015年12月7日(月)

 いよいよ師走です。相変わらずバタバタした毎日を過ごしています。そんな中、今日は後輩と二人で外回り。潟上市から男鹿市に入ったあたりでお昼になり、こちらにお邪魔しました。男鹿市船越の「きりん亭」さんです。

 お店は国道101号線からちょっと入ったところにあります。スーパーセンターアマノ男鹿店、らぁめん元氣屋男鹿店を通り過ぎて最初の信号を左に曲がるとすぐに大きな看板が見えます。手前には葬祭センターがありますね。

 広々とした駐車場に車を停めて店内へ。照明を落としているため、ちょっと薄暗いです。迎えてくれた店員さんに、どこでもどうぞと言われたので、手前の小上がりに席を取りました。

きりん亭 メニュー
 海鮮料理を中心にしたメニューは豊富で、各種定食から一品料理まで取り揃えています。そんな中で目を引かれたのがこちら。せっかくなので地元のグルメを味わいましょう。私は『男鹿しょっつる焼きそば』、後輩は『男鹿はたはたタルタル丼』を選びました。

 店内は広くて、和風ファミレスといった雰囲気です。テーブル席と小上がりのほか、奥にはお座敷もありそうな感じ。隣の葬祭センターから流れてくるお客さんも多いのかもしれません。

きりん亭 卓上調味料
 卓上には醤油やソースが置かれています。

きりん亭 卓上調味料
 塩は地元のものでした。

 ほどなくして、後輩の『男鹿はたはたタルタル丼』が運ばれてきました。さすがに人が頼んだ料理の写真は撮れなかったので、文章で説明します。

 はたはたを開いてフライにしたものをご飯に乗せています。パッと見はアジフライのようです。自家製のタルタルソースとスプレー容器に入ったしょっつるでどうぞとのこと。他に味噌汁とお新香が付きます。

きりん亭 男鹿しょっつる焼きそば
 続いて、私の『男鹿しょっつる焼きそば』が到着。味噌汁とお新香は共通ですが、右上にあるのは食べるラー油とレモン。お好みでどうぞとのこと。

きりん亭 男鹿しょっつる焼きそば
 焼きそばには、エビ、イカ、タコ、ホタテ、キクラゲ、ウズラの卵を具にしたあんがかかり、さらにもやしと刻みネギ、一番上に糸唐辛子が飾られています。

 麺は中太で軽くウェーブしています。届いて最初はパリッとした食感がありましたが、徐々にあんが染み込んでモチモチになります。最初の焼きをもう少し強めにしても良いような気がしますが、これは好みの問題でしょう。

きりん亭 男鹿しょっつる焼きそば
 途中からラー油を加えピリ辛で、最後にレモンを絞ってさっぱり感を味わいました。具沢山ですが、ボリューム的には控えめです。でも、今の私にはこれぐらいが適量です。ごちそうさまでした。

 男鹿しょっつる焼きそばはB級グルメとして売り出しているので、これまでイベントの屋台などで食べたことはありますが、あんかけになったものは初めてです。こうなると、B級グルメの枠を超えた立派な一品料理ですね。

きりん亭
秋田県男鹿市船越字内子213-1

 男鹿しょっつる焼きそば

750円(期間限定100円引き) 



続きを読む

大黒屋

2015年12月5日(土)

 本来なら土曜日は休みですが、仕事で出勤です。朝から作業を開始して順調に進んでいましたが、昼前に待ちが発生してしまいました。再開できるのは午後1時頃になる見込み。ならば、早めのお昼を食べに行ってきましょう。こんな時でなければ行けないお店がいいですね。以前から気になっていた仁井田の「大黒屋」さんに行ってみましょう。

 お店は13号線沿いですが、ちょっと奥まっているので国道からは確認しにくいかもしれせません。秋田南高校、山岡屋さんのちょい南側、幸楽苑仁井田店前の信号のあるT字路を入ってすぐのところです。店舗前に駐車場がありますが、11時30分で空きは残り2台でした。

 店内に入ると正面に厨房が見えます。その前にL字型のカウンター席、左が小上がりです。カウンターに座ると、温かいお茶を持ってきてくれました。寒くなると温かいのがうれしいですね。

大黒屋 メニュー
 一応メニューを開いて確認しましたが、前もって注文は決めています。『激辛麻婆ラーメン』です。メニューには中辛にもできますと書いてますが、辛い物好きとしてはそんなことはできません。激辛に挑戦です。

大黒屋 メニュー
 隣のお客さんはセットメニューのようでした。ネットでは炒飯が旨いと評判なので、次は半チャーハンセットも良いかな。

大黒屋 卓上調味料
 卓上調味料です。手前にあるのは伝票。注文後に伝票を置いていくスタイルは、最近では珍しいかも。

 お店は親子2代で営んでいるようですが、今日は厨房内で息子さんが鍋を振っていました。他に2人ほどいらっしゃいますが、ご家族のような雰囲気でした。

大黒屋 激辛麻婆ラーメン
 ほどなくして注文の品が届きました。見た目からも辛さが伝わってきますが、立ち昇る香りも鼻孔を刺激します。運んでくれたお姉さんが心配そうに水を準備してくれました。

 さっそく麻婆豆腐をレンゲで口に運んでみます。とたんに、ラー油の突き刺すような辛味と山椒の痺れるような刺激が感じられます。そして、しっかり旨味も感じられるのがすごい。期待をはるかに超えてます。

大黒屋 激辛麻婆ラーメン
 麺は中細で、熱々、辛痺の麻婆にはちょっと弱いかもしれません。というか、どんな麺なら合うのか想像できないぐらい、麻婆豆腐の存在感が大きい。

 汗を拭き拭き麺を食べ終えても、まだ麻婆豆腐が大量に残っています。ボリュームもかなりのものです。お腹に余裕があればご飯を追加したいところですが、私にはちょっと無理なのでひたすら麻婆豆腐だけを食べ続けます。

 豆腐とひき肉をあらかた食べ終えたところで力尽きました。まだスープが残っていますが、これ以上は体調的にちょっと厳しいので。でも、激辛麻婆豆腐は十分に堪能できました。ごちそうさまでした。

大黒屋
秋田県秋田市仁井田蕗見町7-18

 激辛麻婆ラーメン

900円 



続きを読む

プロフィール

ラーメン大好き、食べることが大好き

non☆you

Author:non☆you
グルメではありません。食べることが好きなだけです。
味は個人の好みですので、参考程度に見てください。

猫を飼っています

カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム