東池袋大勝軒 秋田店

2014年11月29日(土)

 本日の昼食は、実に4年振りの訪問となるお店です。秋田市内でも屈指の人気を誇り、常に行列の絶えない店として有名でしたが、最近はちょっと落ち着いてきたとの情報もあり伺ってみることにしました。八橋けやき通り沿いの「東池袋大勝軒 秋田店」さんです。

 お店の前に着いたのが11時20分過ぎ。駐車場にも空きがあります。お店の入り口は秋田では当たり前の二重構造。入ってすぐの風除室に券売機がありました。もり辛も気になりますが、今日は『ラーメン(並)』をいただきます。

 店内には先客が8名ほど。以前なら順番に詰めて座ったはずですが、「空いている席へどうぞ~」とのこと。お水はセルフです。

東池袋大勝軒秋田店 卓上調味料 
 カウンター、というか大テーブル上の調味料です。手前の丸い容器は魚粉、その後の小さめの四角い容器は、辛みとニンニクです。割りスープのポットもあらかじめテーブルに置かれています。給水機もありますが、テーブル上のやかんにも水が入っています。

東池袋大勝軒秋田店 内観 
 壁に貼られたメニュー。みそラーメンを試してみたいんですが、平日は昼休み時間の制約があるので、ちと厳しいかも。

東池袋大勝軒秋田店 ラーメン(並) 
 15分ほど待って、注文の品が届きました。見るからに濃厚そうなスープです。麺は中太で、ちょっと平打ちっぽい。具は、チャーシュー、メンマ、味玉、ナルト、海苔など。刻みネギがほとんど入っていないのは珍しい。

 スープを飲んでみると、魚粉系の味を強く感じます。ベースも魚介系ダシと思われます。濃厚そうに見えますが、あまりクセもなく、意外にサラッと食べられます。モチモチ食感の麺とも相性が良いようです。

 後半、卓上の辛みを入れてみました。けっこう刺激的な辛さで、これがスープに良く合います。220gとボリューム十分な麺量でしたが、最後までおいしくいただくことができました。ごちそうさまでした。

東池袋大勝軒 秋田店
秋田県秋田市八橋本町1-1-43 筒井ビル1F

 ラーメン(並)

650円 


続きを読む

スポンサーサイト

支那そば伊藤

2014年11月26日(水)

 本日やって来たのは秋田市民市場内の「支那そば伊藤」さんです。人気店であることは間違いありませんが、今日も混んでいます。かろうじてカウンター席が一つだけ空いていたので座れましたが、他はテーブルも含めて満席です。それでも、客の回転が良いので、入れ代わり立ち代わりこなれていくんですね。うまくできています。

 今日は『旨辛みそ・並』をいただきます。これだけの混みようなので、多少時間がかかることは覚悟しましたが、杞憂でした。

支那そば伊藤 旨辛みそ・並 
 実際の待ち時間は5分そこそこだったでしょう。注文の品が届きました。これこれ、うまそ~。。

 いつもは最初の一口目に甘さを感じますが、今日はあまり感じませんでした。辛みも以前より増したように思われます。でも、私にとってはまだまだピリ辛程度。もっと辛くなっても大丈夫です。

 並盛なのであっという間に麺と具を喰らい尽し、スープもほぼ残りませんでした。満足、満足。ごちそうさまでした。

支那そば 伊藤 (ラーメン / 秋田) ★★★★ 3.5


 旨辛みそ・並

810円 


続きを読む

麺屋うまし

2014年11月25日(火)

 皆さん、三連休はどのように過ごされましたか。私は暴飲暴食に明け暮れてしまい、胃腸が少々弱り気味です。ダイエットとまではいきませんが、今日からしばらく大盛、サイドメニューは自制したいと思います。

 さて、そんな思いを抱きながらやって来たのは、「麺屋うまし」さんです。待ちが出るほど混むことも珍しくありませんが、今日はすんなり座ることができました。

麺屋うまし メニュー 
麺屋うまし メニュー 
 こちらのお店では、うましランチがCPの良いメニューですが、サイドメニュー禁止につき単品メニューから選びます。オムラーメンも気になるところですが、今日は『黒胡麻つけめん・中』をお願いしました。

麺屋うまし 黒胡麻つけめん・中 
 しばし後、注文の品が届きました。メニューの写真とビジュアルが同じなのがうれしいですね。トッピングは水菜、白髪ネギ、その下にはもやしがたっぷり。脇には厚みのあるチャーシュー、メンマ、味玉が添えられています。

 つけ汁には少々酸味があります。ベースは魚介系の醤油味でしょうか。色が黒っぽいので黒胡麻が加えられているのかもしれませんが、私のバカ舌では感じることはできませんでした。

麺屋うまし 黒胡麻つけめん・中 
 中太麺にも黒胡麻がまぶされていますが、それほど胡麻風味は強くありません。

 何といってもトッピングがたっぷりなので、中サイズでもそこそこボリュームがあります。野菜たっぷりでヘルシーなのもうれしいところ。普通サイズで十分満足できました。ごちそうさまでした。

麺屋うまし
秋田県秋田市茨島4-3-36

 黒胡麻つけめん・中

730円(割引券で50円引き)  


続きを読む

かつや 秋田東通店

2014年11月21日(金)

 このところ新店訪問が多くなっています。特に意識しているつもりはありませんが、たまたま近くまで行ったり、開店情報を耳にして伺うことが多いようです。今日も新規開店の情報を聞きつけて行ってきました。向かったのは「かつや 秋田東通店」さんです。

 お店は東通のABCマートの駐車場内にあります。先月オープンしたばかりなので、まだ真新しいですね。店内に入ると、中で食べるかどうか聞かれます。見ていると、持ち帰りを注文するお客さんも多いようです。

 空いているカウンターに座ると、温かいお茶と冷たいお茶のどちらにするか聞かれました。温と冷を選べるのはなかなか良いサービスですね。今日は天気が良く暖かいので冷たいお茶をいただきます。

 いちおうメニューを開いて確認しますが、事前にHPを見て注文は決めています。『カツ丼(梅)』と『とん汁(小)』です。注文を受けると店員さんが元気よく厨房に伝えます。皆でそれを繰り返すのは、ラーメン屋か居酒屋のようです。

 待つ間に店内をキョロキョロ見回してみます。店に入るとすぐレジと持ち帰り用の注文口があり、それを囲むようにL字型のカウンター席があります。奥はテーブル席です。店内の造りは某牛丼チェーン店に良く似ています。

かつや秋田東通店 卓上調味料 
 カウンター上の各種調味料など。右の壺には、割干大根漬が入っています。

かつや秋田東通店 メニュー 
 オプションメニューです。

かつや秋田東通店 メニュー 
 裏返すと...カツ丼味ふりかけ!? 面白そうですね。

かつや秋田東通店 カツ丼(梅)、とん汁(小) 
 10分ほどで注文の品が届きました。ふだん見慣れている丼に比べると、ちょっと小ぶりな感じ。

かつや秋田東通店 カツ丼(梅) 
 丼の口径いっぱいにとんかつがあるので、下のご飯が見えません。丼を小さめにした効果でしょう。とんかつは揚げたての熱々です。肉は柔らかく、味付けも濃すぎずちょうど良い加減です。

 とん汁はとんかつと並ぶかつやさんの名物のようですが、確かに良い味です。具材も、豚肉のほか、こんにゃく、ニンジン、ネギなど具沢山で、食べ応えがあります。

 丼が小ぶりに感じられたものの、食べてみれば私にはちょうど良いボリュームでした。これぐらいが年相応なのかもしれません。ごちそうさまでした。

かつや 秋田東通店
秋田県秋田市東通8-1-22

 カツ丼(梅)

529円 

 とん汁(小)

108円 


続きを読む

隠れ家酒房 うつつ

2014年11月20日(木)

 久し振りに晴れ間が出ていますが...寒い...。そろそろ外に出るときは防寒着が必要ですね。

 さて、今日は秋田市大町の「隠れ家酒房 うつつ」さんです。名前のとおり居酒屋さんですが、先月からランチを始めたとのこと。これまで入ったことがないので、夜の下見を兼ねてやって来ました。

うつつ 外観 
 店頭には「昼定食」の幟。

うつつ 外観 
 「本日のサービスランチ」は焼き肉定食。通常価格より100円引きの600円です。

 店内は居酒屋というより、お洒落なカフェ、またはビストロといった感じ。入ってすぐ左に個室があり、奥にカウンターとテーブルがあります。右手奥にも部屋があるようです。先客は、個室も含めて5、6人。私は一人なのでカウンターに座ります。

うつつ メニュー 
 こちらがメニューです。ラーメン、カレー、定食などの定番のほか、半チャーハン、ハーフラーメンというサイドメニューもあります。私は『味噌ラーメン』をお願いしました。

うつつ ランチョンマット 
 席にはランチョンマットと箸、紙ナプキンがあらかじめセットされています。オシャレですね~。

うつつ 卓上調味料 
 卓上調味料です。

うつつ 味噌ラーメン 
 ほどなくして注文の品がトレイに乗って届きました。スープは甘みが強いタイプ。麺は中太ちぢれ麺。専門店ではないので、業務用を使用していると思いますが、それなりにおいしくいただけます。

 チャーシューは、厚切りが2枚のほかに、角切りが数個入っていました。これは柔らかくておいしかった。

 居酒屋のランチということで、あまり期待せずに頼んだラーメンでしたが、普通においしくいただきました。ごちそうさまでした。

隠れ家酒房 うつつ
秋田県秋田市大町5-4-65

 味噌ラーメン

700円 


続きを読む

麺屋 史

2014年11月19日(水)

 今日は仕事で県南に行きました。午前中の仕事が終わり目指したのは、湯沢市の人気店「麺屋 史」さんです。事前に場所を確認していましたが、曲がる場所を間違えたり、少々手間取りながら何とかたどり着くことができました。

 お店は住宅地の中にあり、まだ新しくきれいな建物です。車を停めて店内に入ると、外観同様に中も清潔感のあるおしゃれな空間です。私が着いたのが午前11時30分と早かったので先客はおらず、今日は私が一番乗りのようです。

麺屋史 メニュー 
麺屋史 メニュー 
 カウンターに座り、メニューを眺めます。こってり系とあっさり系、更につけ麺、まぜそばがありますね。初めてなのでお店のお勧めと思しき『特製らーめん』をいただくことにします。

麺屋史 メニュー 
麺屋史 メニュー 
 ラーメンに対する思いや、つけ麺の食べ方など。

麺屋史 卓上調味料 
 卓上調味料を眺めたりしながら出来上がりを待ちます。左から、胡椒、お酢、魚粉、七味だと思いますが、試していないので自信はありません。

麺屋史 特製らーめん 
 さほど待たずに注文の品が届きました。丼は円錐型で深みのあるタイプです。熱いので気をつけてください、と声がかかりました。まあ、私は面の皮も手の皮も厚いので大丈夫です。

 スープは動物系と魚介系のWスープのようです。私には鶏ダシが一番強く感じられましたが、魚介系もしっかり主張しています。それほどこってり感は強くありませんが、バランス良く仕上がっていると思います。

 麺は中細のほぼストレート。ほど良いパツンパツン系です。

 具にもこだわりが感じられます。特に厚切りチャーシューは肉の旨さが楽しめます。

 全体的なバランスが良く、レベルの高さがうかがえます。あっという間に完食してしまいました。ごちそうさまでした。

麺屋 史
秋田県湯沢市千石町1-7-8

 特製らーめん

800円 


続きを読む

味一

2014年11月16日(日)

 懸案だったタイヤ交換を済ませ、お昼をいただきにやって来ました。今日は由利本荘市の「味一」さんです。何十年も前からあるお店ですが、なかなか縁がなくて、初訪問が7年前。その後また縁遠くなり、本日ようやく2度目の訪問です。

 午後1時をちょっと回った時間でしたが、店内には5組10人以上のお客さんがいます。一度来ているとはいえ、7年前の記憶はほぼ無いに等しく、見るものすべてが新鮮です。

 7年前は定食を頼んだので、今日はラーメンメニューをじっくり吟味します。名物のちゃんぽんとどちらにするか悩んだ末、『味噌チャーシュー』をお願いしました。

 改めて店内を見渡すと、厨房に面したカウンターが10席ほど。4人掛けのテーブルが6卓。加えて結構広めの小上がりというかお座敷もあります。店内に階段があったので、もしかすると2階も使える?

 お店は年配の女性が2人で切り盛りしています。カウンター席からは手際よく調理を進める姿が良く見えます。以前はご店主と思しき男性がいたはずですが、今日はいらっしゃらないようです。

味一 味噌チャーシュー 
 ほどなくして注文の品が届きました。写真では大きさが伝わりにくいですが、通常のラーメン丼よりかなり大きなすりばちに入っています。チャーシューのほかに、もやし、ニンジン、コーンなどの野菜がたっぷり乗っています。スープは野菜の甘味と旨味が溶け出たやさしい味で、食べていると懐かしさを感じる味です。

 中太ストレート麺は柔らかめの茹で加減ですが、昔はこれが標準だったんですよね。昨今の日本人は麺にコシを求め過ぎなのかも。

 すりばちが大きいので量は少なめに見えますが、思った以上にボリューミーでした。優しい味とお母さんの笑顔で、お腹も心も癒されました。ごちそうさまでした。

味一
秋田県由利本荘市鶴沼89-3

 味噌チャーシュー

700円 


続きを読む

陸王

2014年11月15日(土)

 今日は久し振りに朝ラーに行ってきました。向かったのは御休通り沿いの「陸王」さんです。このところ満車で入れないことが何度かあり、実に半年ぶりの訪問です。こちらで朝ラーをいただくのは初めてなので楽しみです。

 お店に着いたのが8時少し前。さすがにお昼ほど混んではいませんが、店内には先客が5、6人。私の後からも数人が入店しており、この時間帯としてはなかなかの賑わいです。

陸王 メニュー 
 カウンターに座り、まずはメニューを確認します。朝専用メニューなんですね。どれにするか迷いましたが、今日の気分は『ニボシ』です。

陸王 メニュー 
 ひっくり返すと、通常メニューでした。半年もご無沙汰だといろいろ変わっていますね。特に、今の店主さんになってからは新しい試みを次々にされているようで、それも人気の一つなんでしょう。あまり人気があり過ぎて、なかなか入れなくなったのはちょっと残念ですが、お気に入りの店が繁盛しているのはうれしいものです。

陸王 ニボシ 
 さて、注文の品が届きました。丼がお昼のものより一回り小さいようですね。これだとスープが少ないのも気が付きません。具も、チャーシュー、メンマ、味玉、海苔、刻みネギとひととおり揃っています。

 スープはしっかりニボニボです。それほどしつこくはありませんが、エグミも多少感じられます。朝いただくにはちょうど良い加減です。

 麺はコシを残した茹で加減で、スープに良く合っています。面白いのは、チャーシューですね。ちょっと不思議な味わいでした。

 トッピングが少なめとのことでしたが、どうしてどうして。しっかり味玉まで付いており、これでワンコインとはCP良過ぎでしょう。朝から大満足の一杯でした。ごちそうさまでした。

陸王 (ラーメン / 秋田駅) ★★★★ 3.0

 ニボシ

500円 


続きを読む

ラーメンショップAji-Q 外旭川店

2014年11月14日(金)

 昨日、秋田市で初雪が観測されました。いよいよ冬本番ですね。週末はタイヤ交換した方がよさそうです。

 さて、今日は外旭川の「Aji-Q」さんにやって来ました。馴染みの店ながら1か月半ほどのご無沙汰でした。店内はいつものようにお客さんで賑わっています。

ラーメンショップAji-Q外旭川店 メニュー 
ラーメンショップAji-Q外旭川店 メニュー 
 窓際のカウンターに座り、メニューを開きます。こちらの店では、南蛮ラーメンを筆頭に、辛みそ、ねぎみそなど私の定番メニューの中からその時の気分に応じて頼んでいます。でも、今日は気分を変えてご飯物を頼んでみます。注文は『チャーハン』です。

ラーメンショップAji-Q外旭川店 チャーハン 
 セットメニューのミニチャーハンは何度か食べたことがありますが、単品で頼むのは初めてです。店の混み具合から多少時間がかかるのは覚悟していましたが、3分ほどで注文の品が運ばれてきました。タイミングの良さと、手際の良さの合わせ技一本といったところでしょうか。

ラーメンショップAji-Q外旭川店 チャーハン 
 見た目はセットのミニチャーハンとほぼ同じです。福神漬けが添えられているのが違いでしょうか。具は、チャーシュー、かまぼこ、玉子、ネギなど。いつものようにパラパラの仕上がり。味は少々濃いめですが、それがまたおいしいんです。

 スープはいわゆる醤油味の中華系で、チャーハンとは逆にあっさりした味に感じられました。具はワカメと刻みネギ。

 そこそこのボリュームがありますが、手が休むことなく食べ続け、あっという間に完食です。ごちそうさまでした。

AJI-Q 外旭川店 (ラーメン / 土崎、秋田) ★★★☆☆ 3.5


 チャーハン

670円 


続きを読む

豪ーめん 秋田高陽店

2014年11月12日(水)

 本日やって来たのは「豪ーめん」さんです。いただくのは定番の『玉ねぎ中華・中』です。昨日の『はっするらーめん』との比較という意味もありますが、単純に食べたくなっただけというのが本音です。

 新国道を山王から土崎方向に向かって進むと、やがてお店が見えてきます。駐車場は店に向かって右側、方角でいうと北側に10台ほど停められるスペースがあります。ここが空いているかどうかが第一のチェックポイント。停められずに素通りしたことも何度かありますから。幸い今日はすんなり停めることができました。

 お店に入ったら券売機で食券を求め、空いた席に座ります。水を持ってきてくれるサービスは当たり前になったようで何よりです。ニンニクを入れるか聞かれるので、当然入れてもらいます。

 入ったときは3割程の入りでしたが、その後ぞくぞくとお客さんが押し掛け、帰る頃にはほぼ満席でした。タイミングが良かったようですね。店員さんの声を聞いていると、玉ねぎ中華を頼んでいるお客さんが多いようです。しかも、皆さんニンニク抜きです。ニンニク入れた方がおいしいと思いますけどね~。

豪ーめん秋田高陽店 玉ねぎ中華・中 
 ほどなくして注文の品が届きました。いつも通りのビジュアル、いつも通りの旨さです。

 実際に食べてみると、はっするらーめんとは似ているようで、やはり違いますね。上品なはっするらーめんに比べて、玉ねぎ中華はワイルドといったところでしょうか。どちらが良いかは好みの問題と言っておきましょう。ごちそうさまでした。

豪ーめん 秋田高陽店
秋田県秋田市高陽幸町17-14

 玉ねぎ中華・中

670円 


続きを読む

佐々木家 秋田本店

2014年11月11日(火)

 本日伺ったのは「佐々木家 秋田本店」さんです。最近、馴染みの店に行く間隔が広がっており、こちらも約2ヶ月振りです。何気なくHPを見ていたら新しいメニューが出ているのを発見し、さっそくやって来たしだいです。

 店内は今日も混んでいます。カウンターはいっぱいで、テーブル席に案内されました。席に座る前に素早く注文を伝えます。新メニューの『はっするらーめん』です。味は『正油』でお願いしました。

 『はっするらーめん』とは面白いネーミングです。東京に同名のチェーン店があるようですが、関係はないでしょうね。燕三条系だそうですが、食べたことがないのでいま一つピンときません。検索してみると、背脂チャッチャ系発祥の地であり、労働者向けの濃い味、太麺、玉ネギが特徴のようです。さて、こちらはどうでしょうか。

佐々木家秋田本店 はっするらーめん・正油 
 速攻の注文が功を奏し、間もなく注文の品が運ばれてきました。中央に乗っているのが玉ネギ、スープの表面に浮かんでいるのが背脂ですね。ここは燕三条系を踏襲しています。

 スープは鶏がらベースのさっぱり系です。背脂と一緒に飲んでもクドさは感じません。

佐々木家秋田本店 はっするらーめん・正油 
 麺は中太でほぼストレート。レギュラーのとんこつらーめんよりも細めです。

 燕三条系とは異なる部分もありますが、全体のバランスを考えてのことでしょう。背脂チャッチャ系なのに、サラッと食べられました。ごちそうさまでした。

佐々木家 秋田本店 (ササキヤアキタホンテン) (ラーメン / 羽後牛島) ★★★☆☆ 3.0


 はっするらーめん・正油

702円 

続きを読む

佐藤中華そば楼 by ねぎぼうず

2014年11月09日(日)

 本日は所要のため妻と二人で大館市に行ってきました。お昼前に到着し、さてお昼ご飯でも食べようかというところで、私が猛烈にプッシュした店に伺うことになりました。ご存じ大館市の人気店「佐藤中華そば楼 by ねぎぼうず」さんです。

 こちらに初めてお邪魔したのは今年の8月でした。初めて食べた『みそ』に感激し、これならさほどラーメンに興味がない妻も気に入るだろうと思った次第です。

佐藤中華そば楼 外観 
 お店に到着したのが11時半頃。店前の駐車場には1台も停まっていません。一瞬、お休み?と思いましたが、営業中の看板が出ているので店内に入ります。

佐藤中華そば楼 メニュー 
佐藤中華そば楼 メニュー 
 前回のように券売機の前に立つと、故障中の紙が貼ってあります。「注文はこちらでどうぞ~」という声に誘導され、カウンター奥で口頭で注文しました。私は『しょう油・大』と『辛みそ』、妻は『みそ・並』。券売機同様、料金は先払いです。

 コップに水をくみ改めて店内を見渡すと、全部で3組のお客さんがいますね。第2駐車場に車を停めたか、あるいはご近所なのかもしれません。2人掛けのテーブルに座って出来上がりを待ちます。

 我々の後からどんどんお客さんが入ってきて、あっという間にテーブルが埋まっていきます。実に良いタイミングだったようです。注文の品もさほど待たずに届きました。

佐藤中華そば楼 しょう油・大、辛みそ 
 私が注文した『しょう油・大』です。まずは辛みそに手を付けず、そのままいただきます。

 スープは魚介系の上品なダシが効いています。エグミとかクセはまったくないものの、味の奥行きを感じるスープです。麺はパツンパツン系の細麺。ちょい固めの茹で加減が私の好みにぴったり。

 このままでも十分おいしいんですが、ここで辛みそをスープに溶きます。赤みを帯びたスープを飲んでみると、魚介系にピリ辛が加わり何とも言えぬ風味に変身です。予想通り、旨い...それも秋田市の江戸系とはまったく異なるおいしさです。

 最近は健康のことを考え、スープまで完食することはまずありませんが、今日ばかりはきれいさっぱり飲み干してしまいました。ごちそうさまでした。


 しょう油・大

860円 

 辛みそ

60円 


続きを読む

七海

2014年11月7日(金)

 11月に入り、めっきり寒くなってきました。ついこの間までは上着は持たずに外に出ていましたが、今日はしっかり着込んでから出かけました。

 本日伺ったのはお馴染みの「七海」さんです。このところ新店開発にいそしんでいたことと弁当を持たされることが多かったため、1ヶ月以上のご無沙汰でした。

 さて、七海さんはメニューが大幅に増えました。それもラーメンの種類が増えたのではなく、カレーやホルモン煮込、定食が増えたんです。入り口のドアを開けると、カレーの香りが漂ってきます。前回来たとき既に変わっていたんですが、一瞬店を間違えたかと思いましたね。

 前回は面食らったこともあって無難に『しょうゆとんこつ』をいただきましたが、今日はお腹も減っているのでセットメニューに挑戦してみます。『ミニカレー丼とラーメンセット』です。ラーメンは『しおとんこつ』でお願いしました。

七海 卓上調味料 
 待つ間にカウンター上の調味料を見ていると、何か違っています。以前の写真を見て分かりました。七味と塩が増えています。これもメニューが増えたためでしょう。

 以前との違いがもう一つ。それは女性客が多いこと。女性だけのグループもあれば、女性を含むグループ、女性の一人客までいます。これもメニューが増えたことによる効果なんでしょうね。

七海 ミニカレー丼とラーメンセット 
 ほどなく注文の品が届きました。トレイにラーメンとミニカレー丼が乗っています。ラーメンは以前からあるセットメニューと同じで、チャーシュー抜きです。

七海 ミニカレー丼とラーメンセット 
 チャーシュー以外は通常のしおとんと同じです。復活したワカメがたっぷり入っているのがうれしい。

七海 ミニカレー丼とラーメンセット 
 カレーはスパイスの香りを感じながらも、辛さは控えめなタイプ。大き目の具がゴロゴロ入っています。ミニとありますが、普通のご飯茶わん1杯分は確実にあります。

 いつものように、後半辛みを投入して、額に汗しながら完食です。さすがにお腹いっぱいになりました。ごちそうさまでした。

七海 (ななかい) (ラーメン / 羽後牛島) ★★★☆☆ 3.0


 ミニカレー丼とラーメンセット

800円(みそは50円増し) 


続きを読む

プロフィール

ラーメン大好き、食べることが大好き

non☆you

Author:non☆you
グルメではありません。食べることが好きなだけです。
味は個人の好みですので、参考程度に見てください。

猫を飼っています

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター

検索フォーム