FC2ブログ

おおまがり大ラーメンフェス

2018年8月19日(日)

 今日はイベントに行ってきました。大曲で開催された「おおまがり大ラーメンフェス」です。初めてのラーメンイベントです。

 できるだけ多くのラーメンを味わいたかったので、連れがいればよかったのですが、家族はそれぞれ所用があり、参加できたのは私一人。可能な範囲で楽しみたいと思います。

 駅前の駐車場に車を停めて会場まで歩きます。近づくにつれ賑やかな声が聞こえてきます。すぐそばの交差点で子ども神輿のコンテストが開催されており、その様子が実況されています。お祭りの雰囲気はばっちりです。

 会場内にはラーメン以外にも様々なお店が出店していますが、私の狙いはラーメンのみ。まずはひときわ長い行列に参戦します。岩手県奥州市の「麺SAMURAI桃太郎」さんです。

おおまがり大ラーメンフェス 麺SAMURAI桃太郎 引換券 
 初めに会計を済ませ、番号札をを受け取ります。味は醤油と塩が選べますが、私は塩を選択。並び始めて15分ほどで1杯目のラーメンをGETです。

おおまがり大ラーメンフェス 麺SAMURAI桃太郎 奥州いわい鶏三昧  
 こちらが『奥州いわい鶏三昧』です。背景が美しくありませんが、ラーメンは透明感のあるスープがきれいです。

 濃厚な鶏だしの旨味に、きりっと塩味が効いたスープです。オープンしてすぐに人気店になったのも納得です。

おおまがり大ラーメンフェス 麺SAMURAI桃太郎 奥州いわい鶏三昧 
 低温調理の鶏チャーシューはしっとりとした食感で、抜群の旨さ。

おおまがり大ラーメンフェス 麺SAMURAI桃太郎 奥州いわい鶏三昧 
 途中からいただいた わさびを加えてみると、これが鶏スープによく合います。初めての取り合わせに感激です。

 続いては、盛岡市の「に干し屋sinchan」さん。こちらも昨年の開店から1年半ほどの新しいお店ながら、すでに高い評価を得ているお店です。

おおまがり大ラーメンフェス に干し屋sinchan しんちゃん醤油 
 こちらがいただいた『しんちゃん醤油』です。スープは煮干が効いていますが、実にすっきりした味わいです。えぐみはまったく感じません。

おおまがり大ラーメンフェス に干し屋sinchan しんちゃん醤油 
 中細ちぢれ麺がスープによく合います。昔ながらの中華そばの雰囲気を残しつつ、一つ一つをブラッシュアップしたような味わい。これまた旨い。

 イベント用に量を少なめにしているとは思いますが、2杯食べると結構お腹いっぱいになってきました。やはり誰かと一緒に来れば良かった。でも、せっかくなのでもう1杯いきましょう。

 続いては、地元の「麺屋にぼすけ」さん。県内に3店舗ありますが、私が行ったことがあるのは美郷店のみ。いただくのは『海老まぜそば』です。

おおまがり大ラーメンフェス 麺屋にぼすけ 海老まぜそば 
 調理する過程が目の前で見られるのが、このようなイベントの楽しみの一つです。麺が茹で上がり、具材をトッピングしていく手際が見事です。きれいに盛り付けされた状態で手渡されます。

おおまがり大ラーメンフェス 麺屋にぼすけ 海老まぜそば 
 まぜめんですから、混ぜなくてはいけません。底からよくかき混ぜると、当然ながらこうなります。

おおまがり大ラーメンフェス 麺屋にぼすけ 海老まぜそば 
 モチモチした麺に濃厚な海老風味のタレが絡みます。間違いのないおいしさです。

 具材の海老の食感がアクセントになり、箸が止まりません。お腹いっぱいと言いながら、あっという間に完食です。

 初めてのラーメンイベントでしたが、十分堪能することができました。次はだれかと一緒に来ることにします。ごちそうさまでした。

スポンサーサイト

寿がきや 辛辛魚らーめん

2017年2月5日(日)

 一年ほど前に通販でカップ麺を購入しました。東京の石神井にある「麺処 井の庄」さんという店の看板メニューを名古屋の寿がきや食品が製品化したもので、名前は『辛辛魚らーめん』です。かなり辛いという評判を聞きつけ、辛い物好きとしては試してみなくてはいけないだろうと買ってみました。

 食べてみると予想以上の辛さで、汗だくになったことを覚えています。これまで私が食べたカップ麺の中でも指折りの辛さでしたが、後を引く旨味もあり、結局スープまで全部飲み干してしまいました。

 残念ながら商品は期間限定発売だったようで、また食べたいと思った時には既に発売終了していました。

 あの『辛辛魚らーめん』が今年も発売開始というニュースが飛び込んできたのは先月のこと。すぐさまネットで予約しました。昨年は試しに4個だけ買ってみましたが、今年は1箱12個入りを丸ごと購入です。発売日の1月30日に自宅に届き、冷暗所に大切に保管。ようやく食べるチャンスがやってきました。

寿がきや 辛辛魚らーめん 
 箱から取り出し、フィルムをはがします。今年は麺がリニューアルされたとのことで、ラベルにも表記されています。「大変辛いラーメンです」の注意書きに期待が膨らみます。ここまでくると変態じみてますね。まあ、息子には、お父さんの舌はおかしいと言われてますから。

寿がきや 辛辛魚らーめん 
 ふたを開けると小袋が3つ入っていました。「かやく入スープの素」だけを入れてお湯を注ぎます。

寿がきや 辛辛魚らーめん 
 きっかり4分後、ふたを開けて残りの小袋を投入します。液体スープは唐辛子ペースト、粉末スープは挽いた唐辛子のようです。入れた瞬間は、スープの上に真っ赤な山ができましたが、かき混ぜるとちょっと落ち着きました。

 ではさっそくいただきます。箸で麺を2、3本つまみ、すすらずに口の中に放り込みます。お~、さすがに辛い。辛いけど...

 昨年ほどの驚きが感じられません。辛さのレベルが落ちたのか、それとも辛さに慣れたのか、はたまた私のバカ舌がますます鈍くなったのか。

 その後は普通に食べられました。スープまで難なく完食です。もちろん汗はかきましたが、滴り落ちるほどではなし。どうしたんでしょうか。自分で自分の体が心配になってしまいます。

 ちなみに味の方ですが、魚粉がかなり効いており辛さの中にも旨味あり、といったところです。残ったスープにはご飯を入れてもおいしいかも。

続きを読む

横浜・中華街展 in 秋田まるごと市場

2016年12月20日(火)

 今日は秋田まるごと市場で開催されている「横浜・中華街展」に行ってきました。事前にネットで調べてみると、「まかないカレー」というキーワードが浮上してきました。これはちょっと気になります。

 いつも混み合う駐車場ですが、今日は特に混雑しています。空きスペースを探してウロウロしていたら、出ていく車を発見!これはラッキーでした。すぐさま車を突っ込んで店内に向かいます。

 階段を上って二階の会場へ。きっとここも混んでいるんだろうな~と思っていたら、会場内はガラガラです。店員さんも手持ち無沙汰のようです。まかないカレーを探して会場内を一回りしてみます。

 ありました。会場の一角を区切ってイートインコーナーが設けられています。ここには4店舗が料理を提供しており、その中にカレーがありました。全体的に価格は高めですが、カレーはまかないのためか、600円均一と比較的低めの価格設定です。

秋田まるごと市場 横浜・中華街展 メニュー 
 写真はちょっとブレてしまいましたが、愛香楼さんの『豚の角煮入りスープカレー』をいただきます。

秋田まるごと市場 横浜・中華街展 食券 
秋田まるごと市場 横浜・中華街展 卓上 
 入り口で食券を購入し、空いたテーブル席に座ります。テーブル上には温かいお茶と水が用意されています。

秋田まるごと市場 横浜・中華街展 メニュー 
 テーブルにもメニューが置いてありました。

秋田まるごと市場 横浜・中華街展 豚の角煮入りスープカレー 
 3分と待たずに注文の品が到着しました。写真ではミニサラダに見えましたが、実物は水菜のみです。まあ、これぐらいの違いなら良しとしましょう。

 スプーンではなく、レンゲと割箸が付いてきました。となれば、レンゲで食べるほかなさそうです。

秋田まるごと市場 横浜・中華街展 豚の角煮入りスープカレー 
 カレーは玉ネギと人参が入ったごくごく普通のもの。スパイスが効いているわけでもなく、辛さもほぼありません。

秋田まるごと市場 横浜・中華街展 豚の角煮入りスープカレー 
 角煮は八角の香りがする、いかにも中華風の一品。レンゲでも切れるほど柔らかい。カレーに合うかと聞かれれば、合わないわけではないけど、無理に一緒にしなくてもいいと答えましょう。

 特にボリュームがあるわけではありませんが、今の私にはこれぐらいが適量です。最後までおいしくいただきました。ごちそうさまでした。


夢盛亭 12月日替りメニュー 
夢盛亭 日替りサンプル 
 帰りに「夢盛亭」さんをのぞいてみると、12月の日替りメニューが出ていたので写真に撮ってきました。火曜日は『味噌カツ丼定食』です。サンプルがありましたが、汁物がうどんとはボリューミー。

続きを読む

函館の旅

 家族で函館に行ってきました。土日を利用した1泊2日の強行軍でしたが、天気にも恵まれ楽しむことができました。今回はいつもと趣向を変えて、函館の旅の模様を紹介します。

 実は2年前にも函館旅行を計画したんですが、このときは仕事でトラブルが発生し、直前になってキャンセルするという事態になりました。今回はそのリベンジです。

 2年前はフェリーで行く予定でしたが、せっかく北海道新幹線が開通したのでこれに乗らない手はないでしょう。北海道は何度か行っていますが、これまではフェリーか飛行機だったので、初めて青函トンネルを通ります。

 秋田から始発のこまちに乗り込み、盛岡ではやぶさに乗り換えます。盛岡より北に鉄道で向かうのは初めてです。八戸を過ぎるとトンネルが多くなります。新青森からはJR北海道の乗務員に交替し、北海道をアピールする放送が流れてきました。やがて青函トンネルに突入。普通のトンネルと違い、緩やかながら勾配を感じます。新函館北斗ではこだてライナーに乗り換え、秋田を出発してから4時間40分ほどで函館に到着しました。

金森赤レンガ倉庫@函館 
七財橋@函館 
 荷物はホテルに預け、さっそく赤レンガ倉庫などのベイエリアを散策しました。同じ港町の小樽と雰囲気が似ているような気がします。

 クリスマスファンタジー@函館 
 12月になるとクリスマスファンタジーというイベントが開催されるようです。イルミネーションが点灯されたらきれいなんでしょうね。

ラッキーピエロベイエリア本店 外観 
 歩いているうちに「ラッキーピエロ ベイエリア本店」に到着しました。お昼はここでいただきます。店内は混んでおり、待ちが発生しています。注文を先に済ませ、待つこと10分ほどで席に案内されました。

ラッキーピエロベイエリア本店 ダントツ人気ナンバー1セット 
 私以外の家族は『ダントツ人気ナンバー1セット』です。チャイニーズチキンバーガー、ラキポテ、ウーロン茶がセットになったものです。ハンバーガーは大きくて食べ応えがあったようです。

ラッキーピエロベイエリア本店 チャイニーズチキン2段のり弁当S 
 別のメニューも試してみたかったので、私が頼んだのは『チャイニーズチキン2段のり弁当』のSサイズです。海苔がちゃんと2段になっていたのにちょっと感激。チキンは柔らかくてジューシー。酸味控えめの自家製マヨネーズをつけていただくと、さらにおいしさがアップします。Sサイズながら私には十分なボリュームでした。

旧北海道庁函館支庁庁舎@函館 
 食後は元町方面に向かいます。坂道はところどころ雪が残っていますが、雪国育ちなのでこれぐらいは大丈夫。元町公園内の旧北海道庁函館支庁庁舎は観光案内所として使われています。

旧函館区公会堂@函館 
 すぐそばには旧函館区公会堂があります。立派なドアを開けて中に入ると、まるで執事のようなスタッフが迎えてくれました。明治期に建てられた洋館の雰囲気を味わいながら見学します。二階のバルコニーからは函館の街並みが見渡せます。

八幡坂@函館 
 次に向かったのは八幡坂。ここからの景色は、映画やドラマで使われているので何となく見覚えがあります。

tombolo外観@函館 
 その後、ハリストス正教会やカトリック元町教会を経由してたどり着いたのは「tombolo」さんです。入り口に小さな看板が置いてあるのでかろうじて分かりましたが、意識していないと通り過ぎてしまいそう。

tombolo内観@函館 
tombolo内観@函館 
 店内中央に木製のテーブルがあり、壁側には陶器の食器などが置かれています。一見すると喫茶店のようですが、本業はハード系のパン屋さんです。こちらでは『いちじくとくるみのパン』と『シュトーレン』を購入しました。

レイモンハウス元町店 焼きソーセージセット、ベックス 
 パンを購入したらすぐそばの「レイモンハウス元町店」さんへ移動します。ハムやソーセージを販売するお店ですが、中で食べることもできます。我々が頼んだのは『焼きソーセージセット』とドイツビールの『ベックス』。ソーセージセットは、チューリンガータイプ、あらびきロング、レモン&パセリロング、カラクチロングの4種類にザワークラウトが付きます。ソーセージは家族でシェア、ビールはもっぱら私がいただきました。

 この後どうするか相談すると、娘が食べたいパフェがあると言います。私と妻はこれ以上食べるのは無理なので、ここからは二手に分かれることにします。まだお腹に余裕がある子供たちはその店に向かい、私と妻は五稜郭へ行くことにしました。

市電@函館 
 市電に乗り込み五稜郭を目指します。乗ったときは空いていましたが、函館駅からどっと観光客が乗り込んできたため車内はすし詰め状態です。それが五稜郭公園前でほとんど下りてしまいました。目指す場所は同じだったようですね。

五稜郭@函館 
 五稜郭タワーの展望台から見た景色です。前にも来ているはずなんですが、記憶がまったくありません。まあ、新鮮な感動が得られるということで良しとしましょう。

 移動に思ったより時間がかかったので、ゆっくりする散策する暇もなく五稜郭を後にします。再び市電に乗り込み、子供たちと待ち合わせの約束をした函館山ロープウェイ乗り場を目指します。

レモンパフェ@ロマンティコ・ロマンティカ 
 一方、こちらは娘がいただいた「ロマンティコ・ロマンティカ」さんの『レモンパフェ』です。絶品だったそうです。スイーツが好きな方にお勧めです。

 日が暮れてきて辺りが暗くなった頃、ようやく待ち合わせ場所に到着しましたが、なんと外の階段に行列ができているではありませんか。ちょうど観光バスが何台か到着し、一気に混み始めたようです。しようがないので列の最後尾に並び、先に着いた子供たちに連絡して切符を買っておいてもらいます。10分ほど並んで建物の中に入り子供たちと合流。さらにロープウェイに乗るために並びます。

函館の夜景@函館 
 結局、函館山の展望台にたどり着くのに30分以上かかってしまいました。でも、夜景はきれいでしたよ。待ったかいがあるというもの。でも、夜景見物は早々に切り上げて帰りの行列に並びます。

はこだてビール タブレット 
 どうにか函館山の麓まで戻ってきました。夕飯は私の強い希望により「はこだてビール」さんです。案内された席で注文方法を説明されました。こちらではすべてタブレットでおこなうとのこと。回転ずしのタッチパネルのようですが、注文してから料理が届くまでのレスポンスは良好でしたね。飲み物なら1、2分でやってくるので便利です。

はこだてビール おためしセット3種類 
 皆、それぞれに好きなものを注文します。私は『おためしセット3種類』で味見です。どれも個性的でおいしいビールですが、中でもエールタイプの「北の一歩」が良かった。すっきりした飲み口で、いくらでも飲めそうです。

はこだてビール シーザーサラダ、冷やし麻婆豆腐 
はこだてビール シューストリング 
はこだてビール んだっ手羽 
 一枚目の写真は手前が『シーザーサラダ』、左奥が『冷やし麻婆豆腐』です。2枚目の『シューストリング』は山盛りです。この他にもいろいろ頼みました。食べかけの写真しかありませんが、3枚目の『んだっ手羽』がスパイシーでビールによく合いました。

 ひとしきり飲み食いしていると、そばのステージでライブ演奏が始まりました。映画音楽から最近のポップスまで、ピアノとフルートが奏でます。ライブが終了したところで我々も店を出てホテルに戻ります。

 ホテル内の自販機で買った缶ビールを飲んでベッドに横になっているうちに寝てしまったようです。朝も早かったし、一日中歩き回って疲れていたんですよ。

函館国際ホテル 朝食バイキング 
 翌日の朝食はホテル名物のバイキングです。写真以外にも、オムレツ、フルーツ、デザート、コーヒーなどもいただきました。朝からがっつり食べて、しばらく部屋休んでからチェックアウトです。函館駅周辺でお土産を買い、帰途につきました。

 自宅に着いたのは午後8時過ぎ。疲労の色は濃いものの、有意義な2日間でした。子供たちも成長し、家族で旅行する機会はあと何回あることか。思い出をつくるためにも、機会があればまた出かけたいと思います。最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

にかほ陣屋内特設テント「麺屋 十郎兵衛」

2015年4月19日(日)

 にかほ市金浦の勢至公園で花見をしてから、にかほ陣屋内の「そば処 上郷」さんで天ざるをいただきました。こちらは開業2周年のイベント中で、駐車場に面した区画では地元の太鼓が披露されています。一緒に来た家族が太鼓を眺めている間に私がこっそり向かったのは、「麺屋 十郎兵衛」さんの特設テントです。

 「十郎兵衛」といえば、大曲の有名店で、すぐそばに2店目も出店するなど、飛ぶ鳥を落とす勢いのお店です。私は一度しか伺ったことがなく、そのとき店主さんは不在だったので、残念ながらお会いしたことはありません。

イベント会場・麺屋十郎兵衛 外観
 でも、テントの中でラーメンを作っているのは、もしかして店主さん?こんなところでお会いできるとは光栄です。などとは言わずに、煮干し中華を一杯お願いしました。

 仮設テントでコンロの火力もあまり強そうではありません。水もふんだんに使えるわけではなさそう。こんな悪条件の中で頑張っている姿を見ると泣けてきますね。

イベント会場・麺屋十郎兵衛 煮干し中華
 出来上がった一杯がこちら。透き通ったスープに中細麺。具材は、鶏チャーシュー、メンマ、刻みネギ。

 スープは名前の通り煮干しが効いたあっさり味。思ったより熱々ですね。猫舌の人ならフーフーが必要です。

 十郎兵衛といえば自家製麺ですから、これも当然そうだと思います。いろんな制限があることを思えば、上々の出来上がりでしょう。

 そして、鶏チャーシューとメンマ。これはさすがというべきですね。十郎兵衛さんのこだわりを垣間見たような気がします。

 ワンコインですから、これでおなか一杯とはいきませんが、私のように普通にお昼を食べた後でも、ペロっといけちゃいます。これだけなら3杯は大丈夫?ごちそうさまでした。

麺屋 十郎兵衛
にかほ陣屋内特設テント

 煮干し中華

500円 


続きを読む

プロフィール

ラーメン大好き、食べることが大好き

non☆you

Author:non☆you
グルメではありません。食べることが好きなだけです。
味は個人の好みですので、参考程度に見てください。

猫を飼っています

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム