FC2ブログ

名代三角そばや 湯沢店

2015年11月17日(火)

 今日は県南でお仕事です。午前中に横手で用事を済ませ、湯沢に移動します。午後の仕事に備えて腹ごしらえしましょう。

 湯沢は人気店が多くて、どこに行くか迷いますね。ただ、最近の暴飲暴食で胃もたれ気味なので、濃厚系はちょっとしんどい。そこで今日はこちらにお邪魔しました。「名代三角そばや 湯沢店」さんです。

 こちらのお店は国道398号線からちょっと入ったところにあります。奥には総合体育館、近くには文化会館もあるので、地元の方は大丈夫なんでしょうが、私にはちょっと分かりにくかった。

 午後12時をちょっと回った時間でしたが、先客は5、6組です。年配のお客さんが多いですね。カウンター、テーブル、小上がりと揃っており、けっこうキャパは大きそうです。

 入り口脇のレジで注文し、先に会計を済ませます。この辺は他店と同じです。チャーシューメン、みそ中華など本店には見られないメニューもあります。私は基本の『中華そば』を中サイズでいただきます。この上にはダブルというのもあります。

三角そばや湯沢店 レシート
 お金を払うと番号付きのレシートを渡されます。これを持って空いたカウンター席へ。お水はセルフです。

三角そばや湯沢店 内観
 目の前にはこんな額装が飾ってありました。美味礼賛ですね。

三角そばや湯沢店 内観
 カウンターにはこんなのも貼ってあります。中盛りだと1.5倍ぐらいかな。

三角そばや湯沢店 中華そば(中)
 ほどなくして注文の品が届きました。ここは初めてですが、十文字系のビジュアルはいつ見ても美しい。

 黄金色の済んだスープからは魚介系のダシが香ります。いくらでも飲めそうです。

 細めの縮れ麺は、微妙にコシを残した絶妙な茹で加減。すすり込むと、口元と喉越しの両方で食感が楽しめます。

 もしかするとチャーシューは他店と違うかもしれません。ただし、良い方向にです。ちゃんと豚肉の味を残しつつも、臭みがない。豚肉そのものが違うのかもしれません。

 途中からホワイトペッパーを投入して刺激を加えると、箸を持つ手がさらに加速します。

 後は一気呵成に完食です。満足、満足、ごちそうさまでした。

名代三角そばや 湯沢店
秋田県湯沢市字沖鶴138-1

 中華そば(中)

830円 



続きを読む

スポンサーサイト

麺屋 史

2014年11月19日(水)

 今日は仕事で県南に行きました。午前中の仕事が終わり目指したのは、湯沢市の人気店「麺屋 史」さんです。事前に場所を確認していましたが、曲がる場所を間違えたり、少々手間取りながら何とかたどり着くことができました。

 お店は住宅地の中にあり、まだ新しくきれいな建物です。車を停めて店内に入ると、外観同様に中も清潔感のあるおしゃれな空間です。私が着いたのが午前11時30分と早かったので先客はおらず、今日は私が一番乗りのようです。

麺屋史 メニュー 
麺屋史 メニュー 
 カウンターに座り、メニューを眺めます。こってり系とあっさり系、更につけ麺、まぜそばがありますね。初めてなのでお店のお勧めと思しき『特製らーめん』をいただくことにします。

麺屋史 メニュー 
麺屋史 メニュー 
 ラーメンに対する思いや、つけ麺の食べ方など。

麺屋史 卓上調味料 
 卓上調味料を眺めたりしながら出来上がりを待ちます。左から、胡椒、お酢、魚粉、七味だと思いますが、試していないので自信はありません。

麺屋史 特製らーめん 
 さほど待たずに注文の品が届きました。丼は円錐型で深みのあるタイプです。熱いので気をつけてください、と声がかかりました。まあ、私は面の皮も手の皮も厚いので大丈夫です。

 スープは動物系と魚介系のWスープのようです。私には鶏ダシが一番強く感じられましたが、魚介系もしっかり主張しています。それほどこってり感は強くありませんが、バランス良く仕上がっていると思います。

 麺は中細のほぼストレート。ほど良いパツンパツン系です。

 具にもこだわりが感じられます。特に厚切りチャーシューは肉の旨さが楽しめます。

 全体的なバランスが良く、レベルの高さがうかがえます。あっという間に完食してしまいました。ごちそうさまでした。

麺屋 史
秋田県湯沢市千石町1-7-8

 特製らーめん

800円 


続きを読む

長寿軒

2014年4月15日(火)

 今日は仕事で湯沢にやって来ました。午前中に用事を済ませ、さてお昼にしようかとなったところ、ご当地出身の先輩から「長寿軒へ行こう」とのお誘い。もちろん断る理由もなく、行くことになりました。

 お店に着いたのは12時前でしたが、席は半分以上埋まっています。テーブルへどうぞとの案内で、入り口近くのテーブル席に座りました。壁のメニューを見上げると、「普通」、「大盛」と書かれた木札があります。以前は、らーめんという文字が入っていたと思いますが、ついにサイズのみの指定になったようです。ためらうことなく「大盛」をお願いしました。

 店内は小奇麗な内装で、重厚感のある木製テーブルや民芸風の置物がラーメン屋らしくなくて面白い。店員さんは女性が3人で、厨房の中にいる方が店主さんのようです。明るい接客は好印象です。

長寿軒 大盛 
 ほどなくして、注文の品が届きました。写真では分かりにくいですが、かなり底が深い丼です。そのため、麺は完全に沈み込んでいる状態です。

 表面を熱々の脂が覆っていますが、それほどしつこさは感じません。ただ、口内火傷には気をつける必要がありそうです。塩気も見た目ほどではなく、意外にヘルシーなのかも。

 中細の麺は断面が角ばっており、これが独特の食感を生んでいるようです。具はチャーシュー、メンマ、海苔、刻みねぎ、麩です。県南の定番である麩は外せません。

 麺や具を食べ終わった後も、レンゲを持つ手が止まりません。底が深い器なのでスープを飲み干すのは至難ですが、普通だったら完食できたかも。ごちそうさまでした。

長寿軒
秋田県湯沢市大町1-2-36

 大盛

700円 


続きを読む

長寿軒

2010年11月5日(金)

 仕事で湯沢まで来たので老舗の人気店「長寿軒」に行くことにしました。と言っても私は地理不案内なので、一緒の同僚に運転を任せて助手席に乗っているだけですが。やがてお店に到着し、駐車場に車を停めて店内へ。駐車場は店の隣の共同スペースのほかに湯沢医院の一角にもあります。

 壁に貼ったお品書きを見ると、『らーめん』と『らーめん大盛』のみ。何と潔いことでしょう。迷うことなく『らーめん大盛』を注文しました。

 昔ながらの店と聞くと、あっさり中華そば系を想像しがちですが、ここは全く違います。運ばれてきた丼がすでに脂ぎっています。スープには軽くとろみがついてるほど。豚骨の風味が強いようですが、鶏の味も感じられます。以外にも塩気は強くありません。

 麺は中太ストレートです。具はチャーシュー、メンマ、のり、刻みネギ、そして麩です。県南のらーめんには麩がつきもの?

 とろみのあるスープのためか、最後まで熱々でした。大盛の丼は普通盛りより深めのものが使われていますが、この器にたっぷりスープが注がれているのですべて飲み干すのは至難です。私もこれでおしまいと思ってレンゲを置くんですが、水を一口飲むとまたスープが飲みたくなるのが不思議です。まさにクセになる味でした。

長寿軒 ラーメン / 湯沢駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0


 らーめん大盛

650円 


続きを読む

五拾五番

2009年9月14日(月)

 湯沢市の老舗ラーメン店「五拾五番」に行ってきました。合併して湯沢市になりましたが、その前は雄勝町だったところです。カーナビをセットして向かったんですが気づかずに通り過ぎてしまい、引き返してようやくたどり着くことができました。

 店内はカウンター席と小上がりがあり、時の流れから取り残されたような雰囲気があります。メニューというものは特になくて、普通盛か大盛のどちらかを選ぶようです。初めての私はとりあえず普通盛にしました。

 この店はトンコツということですが、いわゆるトンコツの臭みはまったく感じません。ここ数年、トンコツといえば九州のトンコツラーメンが主流になりましたが、それまではこのようなすっきりしたトンコツが普通だったんですよね。今となっては逆に新鮮に感じます。

 ラーメンとしては非常にシンプルで、トッピングはチャーシュー、メンマ、海苔、麩です。麩といえば十文字系が思い浮かびますが、ここはもちろん十文字系ではありません。県南に特徴的な具なんでしょうか。

 表面の油膜のおかげで最後まで熱々のラーメンを食べることができます。味は少々濃い目です。

五拾五番 (ラーメン / 横堀)
★★☆☆☆ 2.5


 ラーメン

500円 


続きを読む

プロフィール

ラーメン大好き、食べることが大好き

non☆you

Author:non☆you
グルメではありません。食べることが好きなだけです。
味は個人の好みですので、参考程度に見てください。

猫を飼っています

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム