環鳥海酒サミット2018 & みや蔵

2018年1月28日(日)

 今日は寒さも一段落して、穏やかな天気になりました。これなら外出するのも苦になりません。妻と娘を伴ってやって来たのは、にかほ市の道の駅象潟です。

 道の駅の隣りに「にかほっと」という施設があります。飲食店や観光協会の事務所が入っていますが、こちらで昨日からあるイベントが開催されており、それに参加するためにやって来た次第です。

環鳥海酒サミット2018 
 開催中のイベントは「環鳥海酒サミット2018」。簡単に言うと、毎年10月にアルヴェで開催されている「秋田醸しまつり」の由利・庄内地域バージョンです。チケットを購入すると、11蔵37銘柄のお酒が試飲し放題になります。おそらく今回が初めての開催だと思いますが、リストバンドを付けたり、試飲用カップを渡されるところは、秋田醸しまつりノウハウを導入しているようです。

環鳥海酒サミット2018 
 11時が開始時間ですが10分ほど前に会場に到着しました。さっそく受付を済ませ、テーブル席に陣取ります。既に販売を開始しているおつまみ類を購入し、イベント開始を待ちます。この時点で席はまだ空きがありました。出足が遅いようです。

 11時になり司会者の合図とともに一斉に試飲開始。いつもは飲む機会が少ない庄内のお酒からいただきましょう。試飲用カップは小さいので、まずは一杯をその場で飲みほし、別の一杯を注いでもらって席に戻るローテーションにしました。

 あまりアルコールに強くない妻にはハンドルキーパーをお願いし、このところ日本酒に凝っている娘と一緒に試飲コーナーに通います。

環鳥海酒サミット2018 
環鳥海酒サミット2018 
環鳥海酒サミット2018 
 途中でおつまみを追加購入です。いかにも酒の肴といったものの他に、妻はピザを買ってきました。

 ひと通り酒蔵を回り、おつまみを食べ尽くしたところで、そろそろ〆にしましょう。最後は「みや蔵」さんの『辛味噌らーめん』です。

みや蔵 食券 
 フードコートの一角にあるお店で食券を購入し、テーブル席で出来上がりを待ちます。

みや蔵 辛味噌らーめん 
 ほどなく、39番さ~んと呼ばれたので返事をすると、テーブルまで運んできてくれました。こちらが『辛味噌らーめん』です。

 辛みはピリ辛程度で、味噌の風味が強く出ています。具は白髪ネギ、もやし、メンマ、チャーシュー、海苔。スープの表面には胡麻が浮いています。

みや蔵 辛味噌らーめん 
 麺は中細で軽くウェーブがかかったタイプ。茹で加減は柔らかめです。

 白髪ネギがたっぷり入っているのが、ネギ好きにはうれしい。麺と一緒に口に放り込みます。

 最近は飲んだ後にラーメンを食べることは少ないのですが、今日は家族と一緒なので特別です。

 しっかり完食したら、さすがにお腹がきつかった。ごちそうさまでした。

みや蔵
秋田県にかほ市象潟町大塩越36-1 ねむの丘物産センター内

 辛味噌らーめん

750円 



続きを読む

スポンサーサイト

ゑびすや

2017年11月11日(土)

 今日は妻と息子を連れて買い物に出かけました。まずは私の冬用コートを買い求め、続いて修理に出していたスマホの受け取り。時刻は午後1時前。休日のちょっと遅めのお昼を食べに行きましょう。行き先は妻のリクエストにより、由利本荘市矢島町の「ゑびすや」さんです。私は3年振り、妻と息子は初めての訪問です。

 強風が吹き荒れる中、R108を南下します。旧本荘市内から30分ほどで「ゑびすや」さんに到着しました。広い駐車場に車を停めて店内に向かいます。

 店に入ってすぐ、大きな木のテーブルが鎮座しています。ここはカウンターがないのでお一人様はこちらに座るようです。右手が小上がりで、座卓が5卓あります。我々は座卓に座りましょう。

ゑびすや メニュー 
 セルフの水を汲んで、メニューをチェックします。3年前に来た時と変わっていないようです。私と妻は『生姜ラーメン』。生姜があまり得意ではない息子は『ゴマ味噌担々麺』をお願いします。

 先客は全部で7、8人ほど。店員さんとのやり取りを聞いていると、地元の方が多いようです。

ゑびすや 生姜ラーメン 
 10分ほどで注文の品が届きました。こちらが『生姜ラーメン』です。具材の位置にまで気を使ったビジュアルは3年前と変わっていません。

 スープからいただきましょう。鶏ベースと思われるすっきりとした味わいの中に、レモンの酸味がほんのり香ります。生姜をスープに溶くと、とたんに生姜が全面に出てきますが、レモンの酸味とあいまって爽やかな味わいです。

 麺は中細で軽くウェーブがかかったもの。スープとの相性も良いようです。

 具材は、コーン、もやし、キャベツに、刻みネギと本荘地区名物のシナイ鶏肉です。

 実は少々二日酔い気味で食欲があまりなかったんですが、食べ進むうちにどんどん調子が良くなってきました。生姜の効果なのかもしれません。

 麺と具材を食べ終えた後も、底に沈んだコーンをレンゲですくってようやく完食です。生姜効果で体も暖かくなってきました。ごちそうさまでした。

 息子が頼んだ『ゴマ味噌担々麺』は胡麻の風味が効いたピリ辛の味わいで、これもなかなかいけます。次は私も食べてみようかな。

ゑびすやラーメン / 矢島駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0



 生姜ラーメン

580円 

 ゴマ味噌担々麺

680円 



続きを読む

とりみ屋

2017年5月28日(日)

 今日は道の駅岩城にやって来ました。以前「与作ラーメン」さんが入っていた場所に新しいお店がオープンしたとの情報をwebで仕入れ、その確認のために来てみました。もちろん、お昼はここでいただきます。

 7号線から下りて道の駅に向かいます。駐車場は今日もほぼ満車状態ですが、入り口近くに運よく一台分空いていました。車を停めてお店に向かいます。

とりみ屋 外観 
 お店の名前は「とりみ屋」さん。長屋のような建物で、他にもカレーやラーメンを提供するお店が入っています。

 中に入ると先客が一名、テーブルでラーメンを食べていました。カウンターは空いているようです。午後1時過ぎだったのでピークは過ぎていたのかもしれません。

とりみ屋 券売機 
 まずは券売機で食券を購入します。今日は『親鶏中華味玉入り』をいただきます。

 カウンターに座り、食券をご主人に渡します。まだ若い店主さんです。

とりみ屋 内観 
  給水機から水を汲んで出来上がりを待ちます。カウンターはこんな感じ。この他に他店と共用のテーブルがあります。

 5分ほどで注文の品が出来上がりました。器が熱くなっているのでお気を付けください、との優しい言葉が添えられましたが、私は手の皮が厚いので大丈夫ですよ。

とりみ屋 親鶏中華味玉入り 
 こちらが『親鶏中華味玉入り』です。トッピングは、親鶏、味玉、メンマ、ナルト、刻みネギ。

 まずはスープからいただきましょう。鶏ベースの味ですが、魚粉も入っているようです。色は濃いめですが、塩分はほどほどに感じられました。

 親鶏はどうでしょう。おっ、しっかりしね~肉です。濃いめに味付けされており、噛みしめるとじわ~と鶏肉の味がしみ出してきます。

とりみ屋 親鶏中華味玉入り 
 味玉もしっかり味が染みています。

 麺は中細でちぢれたタイプ。ちょっと固めの茹で加減が私の好みにピッタリです。

 外でラーメンを食べるのは久し振りだったので、いつにもまして早食いになってしまったようです。気が付けば丼は空っぽでした。ごちそうさまでした。

とりみ屋
秋田県由利本荘市岩城内道川字新鶴潟192-43

 親鶏中華味玉入り

630円 



続きを読む

みや蔵

2016年7月26日(火)

 この日はにかほ市象潟へ。道の駅内にあった物産センターがリニューアルし、新たに「にかほっと」という名称でオープンしました。目当ては『みや蔵』さんです。

 平日の昼ですが、駐車場は満車に近い状態。休日になれば待ちができるのは必至でしょう。今日、来ることができてラッキーでした。

 まだ新しい建物の中には、地元の海産物や農産物を売る店が並び、その奥がフードコートです。フードコートを囲むように飲食店が配置されており、『みや蔵』さんもその一角に店を構えています。

みや蔵 メニュー 
 店頭に置かれたメニューを見て、何にするかしばし思案。ここは地元の名物を使った『鱈しょっつるらーめん』をいただきましょう。

 フードコートと店内の間に仕切りはありません。入って左手にある券売機で食券を購入し、お店の方に渡します。店内には厨房を囲んだカウンター席がありますが、フードコートで食べることも可能です。

みや蔵 卓上調味料 
みや蔵 卓上調味料 
 こちらがカウンターの卓上調味料。

みや蔵 鱈しょっつるらーめん 
 ほどなくして注文の品が届きました。具は、チャーシュー、海苔、メンマ、刻みネギ、ナルトなど。麺は細めのちぢれ麺。見た目はごく普通の中華そばといったところ。

 さて、スープをひと口いただきます。お~、これが鱈しょっつるですか。ハタハタのしょっつるとは違った風味があります。しょっつるを使ったラーメンは他でも食べたことがありますが、どちらかというと隠し味として使われていました。でも、これは鱈しょっつるがかなり前面に出ていますね。でも、魚のクサミなどはないので、非常に食べやすい。

 ラーメン自体はシンプルなので、あっという間に完食です。ごちそうさまでした。

みや蔵
秋田県にかほ市象潟町大塩越36-1 ねむの丘物産センター内

 鱈しょっつるらーめん

700円 



続きを読む

与作ラーメン【移転】

2016年5月14日(土)

 気持ち良い青空が広がっています。まさに五月晴れ。田園地帯を走っていると、あちこちで田植え作業をしている農家さんの姿が見られます。いつもながらご苦労様です。皆さんのおかげでおいしいご飯がいただけます。

 さて、本日やって来たのは、由利本荘市のR7沿いにある「道の駅岩城アイランドパーク」です。トイレや休憩所など道の駅としての施設以外に、日帰り温泉、レストラン、売店、キャンプ場などが併設された複合施設です。好天に恵まれた休日とあって、多くの人でにぎわっています。

与作ラーメン 外観 
 今日の目的はこちら、長屋のような建物の左から2軒目です。そうです、昨年12月まで秋田市川尻で営業していた「与作ラーメン」さんです。

 私は秋田市内で営業していた時に入ったことはありません。何度も通りがかったことはありますが、だいたい駐車場が一杯で車が停められずに断念していました。そうこうしているうちに閉店したとの情報が耳に入り、もう少し頑張って行っておけばよかったなと思っても後の祭り。後悔先に立たずです。

 そこへ飛び込んできたのが、道の駅岩城で店を再開したとのニュースでした。これは行かねば、と思いやって来た次第です。

 お店に着いたのが12時を少し回った頃。当然ながら混んでいます。店内にカウンターが4席、他店と共通のテーブルが4、5卓ありますが、いずれも満席です。少し時間を置くことにして、他の売店など覗いたり、周辺を一回りしてみます。

与作ラーメン メニュー 
 10分後、戻ってくると思惑が見事に当たり、カウンター席がちょうど1つ空いたところでした。ご主人に「大辛ラーメン」と注文を伝え、給水機からコップに水をくんで席に座ります。

 秋田市に店があった頃はフロア担当の方がいたようですが、今はご主人が一人で切り盛りしています。注文を受け、ラーメンを作り、会計や洗い物まですべてこなさなくてはいけません。見ていると大変そうなんですが、ご主人はニコニコしながらテキパキ仕事をこなしています。さすがですね。

与作ラーメン 卓上調味料 
 こちらがカウンター上の調味料など。個人的にはティッシュがあるのが本当にありがたい。

 カウンターからは厨房内が良く見えます。私が頼んだラーメンが調理されていますが、何やら小皿からペースト状のものを丼に入れてスープと混ぜ合わせています。アレですね。他の方の口コミで情報だけは知っています。

与作ラーメン 大辛ラーメン 
 ほどなくして注文の品がカウンター上に置かれました。これも口コミ通り、かなり黒っぽいビジュアルです。具は、小ぶりながらチャーシューが5枚、メンマ、海苔、刻みネギ。

 まずはスープからいただきます。醤油ベースのスープからピリ辛の刺激が感じられます。確かにカレーですが、カレーラーメンというほど主張しているわけではありません。加えられたカレーペーストの量を考えると、かなりの辛口カレーだと思いますが、スープとの相性は良いですね。ちょっとクセになる味です。

与作ラーメン 大辛ラーメン 
 麺は中太でシコシコしたタイプ。ちょっと固めの茹で加減がピリ辛のスープに合っています。

 チャーシューが5枚、メンマもたっぷり入っているのがうれしいところ。お客さんがどんどん増えて、ゆっくりスープを味わう余裕がなかったのが残念でしたが、それは次の機会にしましょう。ごちそうさまでした。

与作ラーメン
秋田県由利本荘市岩城内道川字新鶴潟192-43

 大辛ラーメン

700円 



続きを読む

プロフィール

ラーメン大好き、食べることが大好き

non☆you

Author:non☆you
グルメではありません。食べることが好きなだけです。
味は個人の好みですので、参考程度に見てください。

猫を飼っています

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

カウンター

検索フォーム