麺屋 満開

2017年7月26日(水)

 週末の大雨は大変でした。日曜日は私が住んでいる町内にも避難指示が出たため、いつでも逃げ出せる準備を始めたんですが、何を持てばいいのか。何よりどこに避難したらいいのか分からない始末。幸い避難せずに済みましたが、平時から備えることの大切さを痛感しました。

 震災後は津波がクローズアップされることが多いようですが、大雨や洪水は頻発する災害の一つでしょう。こちらの備えも万全にしていきたいものです。

 さて、本日は「麺屋 満開」さんに行ってきました。ほぼ1か月ぶりの訪問ですね。外でラーメンを食べるのも久し振りです。

麺屋満開 立て看板 
 お店の前にはこんな看板が出ていました。お店のブログでも紹介されていましたね。暑くなってきたことだし、今日は冷やし系でいきましょう。

麺屋満開 券売機 
 店内に入り、左側の券売機で食券を購入します。どちらにしようか迷いましたが、より涼感の強そうな『氷にぼしそば』をいただくことにします。

麺屋満開 食券 
 お店のスタッフに食券を渡し、店内を見渡すと、ほぼ満席状態です。たった今空いたばかりの席の食器を下げてもらって座ることができました。サラリーマン風は今日も私一人です。

 店内は混んでいるうえに、まだラーメンが届いていないお客さんが多い。タイミングが良くなかったようですね。仕方ありません、こんな日もあります。気長に待つことにしましょう。

麺屋満開 氷にぼしそば 
 しばし待った後、注文の品が届きました。銀色の金属製の器に入った煮干しそばは想定内ですが、続けて置かれた容器を見て目が点になりました。かき氷じゃないですか。しかもレモンが乗ってる。

麺屋満開 氷にぼしそば 
 あらためて確認しましょう。こちらは良く冷えた煮干しそば。見るからに涼しげです。食べてみると、マイルドな煮干し風味がおいしい。鶏チャーシューや岩海苔、玉ネギも良く合います。

麺屋満開 氷にぼしそば 
 それでこちら。どこから見てもかき氷です。ただ、ずい分茶色っぽい氷です。取りあえず味見してみましょう。

 かき氷をスプーンですくって口に入れてみると、口中に煮干し風味が広がります。そうか、そういうことなのね。

麺屋満開 氷にぼしそば 
 かき氷を麺の上に乗せてみました。確認していませんが、たぶんこれが正解ですよね。食べてみると、冷たさと煮干し風味がさらに増します。これは面白い。

 添えられたレモンを絞ってみました。煮干しにレモンの酸味が加わって、初めての味わいですが、これはいけます。冷たいからこそマッチするのかもしれません。

麺屋満開 氷にぼしそば 
 麺はしっかり締められていて、コシの強さと食感が冷たいスープに良く合います。

 麺を食べ終わった後のスープは、ほんのりレモンの酸味が混じり、冷し中華テイストも感じられました。

 今日は涼味満点のラーメンをいただきました。ごちそうさまでした。

麺屋 満開
秋田県秋田市広面松橋添311 MQリゾート内

 氷にぼしそば

850円 



続きを読む

スポンサーサイト

麺屋 満開

2017年6月16日(金)

 夜の間は強い雨が降っていましたが、朝になる頃には小降りに変わり、お昼には青空が顔を出しました。予報ではこの後もしばらくは雨が降らないようで、秋田の梅雨入りはまだ先になりそうです。

 さて、今日は秋田市広面の「麺屋 満開」さんにやって来ました。今年の1月以来、半年ぶり3回目の訪問です。過去2回は中華そば系だったので、今日は6月から提供を始めた担々麺系をいただくつもりです。

 お店はパチンコ屋さん併設なので駐車場には困りませんが、なるべく近いところに停めたいと思うのが人情というもの。ちょうど入れ替わりで建物の裏手すぐの場所に停めることができました。さっそく店内へ。

麺屋満開 券売機 
 券売機の前に立ち、ボタンを探します。あっ、ありました。上から2段目が担々麺系のボタンです。味玉のせ、特製もありますが、今日は基本の『汁なし担々麺』にします。ポチットな。

麺屋満開 食券 
 食券を奥様と思しき女性スタッフに渡し、辛さは中辛でお願いします。辛い物好きなので、大辛でも食べられる自信はありますが、まだ仕事中なので自重しました。

 コップに水を汲んでカウンター席に座ります。今日の先客は4組。サラリーマン風は私だけです。

麺屋満開 メニュー 
 卓上にもメニューがありました。まぜそばの種類が豊富ですね。次はこの中から選ぼうかな。

麺屋満開 汁なし担々麺  
 ほどなくして注文の品が届きました。こちらが『汁なし担々麺』です。目の前に置かれた器からは花椒の香りが盛大に立ち昇っています。トッピングは、肉味噌、カシューナッツ、刻みネギ。

 まずはひとくち味をみましょう。香りから想像した通り花椒が効いています。辛みはそれほどではありません、中辛レベルですね。度合いが確認できたところで、良くかき混ぜてからいただきます。

 麺は太めのモチモチしたタイプです。粘度の高い汁を絡めて口に運ぶんですが、気を付けないと汁がはねそうです。ワイシャツに付くとやっかいなので、慎重に食べましょう。

 レンゲを使って少しずつ口に放り込むと、辛み、痺れ、旨みが混然一体となって口中に広がります。これはクセになる味です。ズルズルとすすり込みたい衝動を抑えながら食べ進めます。

麺屋満開 汁なし担々麺 
 麺をあらかた食べ終わりましたが、まだまだ具が残っています。お腹に余裕があれば追い飯を頼みたいところですが、残念ながらこれ以上は無理なようです。残った具をレンゲですくってちょうどお腹いっぱいです。ごちそうさまでした。

 私にとって汁なし担々麺を食べる機会は多くありませんが、たまたま5月に山王の「ラーメン123」さんで食べていました。同じ名前ながらビジュアルも味もだいぶ違います。どちらが良いというわけではなく、それぞれにおいしさがあると思います。

麺屋 満開
秋田県秋田市広面松橋添311 MQリゾート内

 汁なし担々麺

750円 



続きを読む

麺屋 満開

2016年1月10日(火)

 雪が降ってきました。気温も下がってきました。こんな日はラーメンでも食べて暖まりましょう。

 ということで、やって来たのは秋田市広面の「麺屋 満開」さんです。これでようやく2度目の訪問です。

麺屋満開 食券 
 駐車場に車を停め、雪が降る中、小走りに店内へ駆け込みます。券売機の脇には限定メニューのPOPがありました。今日はまぜそばにしようと思っていましたが、せっかくなのでこれをいただきましょう。前回おいしかった味玉が付いた『味玉中華そば』です。

 店内には5組の先客がいます。今日はサラリーマン風のお客さんも1人見えますね。

麺屋満開 味玉中華そば 
 ほどなくして注文の品が届きました。前回いただいた『味玉醤油そば』とよく似ていますが、違いはどこでしょうか。

 まずはスープから違いました。こちらは煮干が効いています。エグみが出ないギリギリまで煮干の旨味を引き出している感じです。表面に油がほとんど浮いていないので、さっぱりした味わいです。

 味玉、チャーシューは共通です。味玉はねっとりした食感がおいしい。チャーシューは豚と鶏の2種で、上質なハムのようです。

 メンマはちがいますね。醤油そばは太めの穂先メンマでしたが、こちらは細いメンマです。穂先メンマより歯応えがあるように感じられました。

 麺は共通で、パツパツのストレート。レベルの高い麺です。

 最近は健康のためゆっくり食べることを心がけているんですが、おいしい料理を目の前にするとついつい早食いに戻ってしまいます。

 気が付けば、先に入ったお客さんより早く食べ終えてしまいました。今日も満足です。ごちそうさまでした。

麺屋 満開
秋田県秋田市広面松橋添311 MQリゾート内

 味玉中華そば

800円 



続きを読む

初代麺屋とのさき

2016年12月12日(月)

 今日は休みをもらって免許の更新に行ってきました。免許センターで更新したんですが、受付が自動化されたんですね。ただ、どういうわけか私の免許証はうまく読み取れなかったようで、従来の受付に回されてしまいました。

 私は優良運転者なので、講習は30分で終了。秋田駅前で用事を済ませ、お昼ご飯です。土曜日に続いて今日も初めてのお店です。

 お店は秋田市手形にありますが、いわゆるラーメンストリートではありません。如斯亭と秋田東中の中間あたりです。

初代麺屋とのさき 外観 
 駐車場はお店から見て、左手の道路向かい側。12時前だったので、余裕で停められました。道路にはまだ雪が残っています。

初代麺屋とのさき 外観 
 道路から見たお店の入り口です。

初代麺屋とのさき 限定メニュー 
 暖簾をくぐると、ホワイトボードがありました。本日の限定メニューなどが書かれています。店内へのドアはこの左手にあります。

 店内に入ると細長いカウンター席があります。道路側に小上がりがありますが、面白いことに三面すべて壁に向かって座るようになっています。これはおひとり様を意識したんでしょうかね。造りを見ると前は飲み屋さんだったのかもしれません。

初代麺屋とのさき メニュー 
 コップに水をくんでカウンター席に座り、メニューを眺めます。限定の『そこそこ辛い中華そば』というのがメチャメチャ気になりますが、まずはレギュラーメニューからいただきましょう。『赤辛中華そば』をお願いします。

初代麺屋とのさき メニュー 
 店内には先客が2組いましたが、どちらも食べ終わるところでした。帰り際の会話を聞いていると、常連さんのようです。昨年10月のオープン以来、着実にファンを増やしているようですね。

初代麺屋とのさき 赤辛中華そば 
 3分ほどで注文の品が届きました。こちらが『赤辛中華そば』です。具は、チャーシュー、煮玉子、メンマ、海苔、刻みネギ、辛み。

 スープは動物系がメインで魚介系も入っているようです。あっさりした風味で、醤油の味が感じられます。

 辛みは唐辛子系の辛さがストレートに感じられるタイプ。量は少ないものの、けっこうな辛さになります。私はまだ平気ですが、できたら別皿でほしいですね。

初代麺屋とのさき 赤辛中華そば 
 特徴的なのはチャーシューでしょう。この厚みはすごいですね。しかも歯応えがあるので、しっかり噛みしめて味わいます。肉を食ったぞ~っていう気持ちになります。

 辛みが溶け込んだスープは何でこんなに旨いんでしょうか。塩分を控えるためスープは残すようにしていますが、レンゲを持つ手がなかなか止まりません。結局、ほとんど飲んでしまいました。ごちそうさまでした。

初代麺屋とのさき
秋田県秋田市からみでん4-27

 赤辛中華そば

750円 



続きを読む

麺屋 満開

2016年11月29日(火)

 今日は以前から行きたいと思っていたお店に行ってきました。秋田市広面の「麺屋 満開」さんです。同じ広面ながら以前はケーズデンキの近くに店を構えていましたが、先月移転し、現在はMQリゾートに併設された店舗内で営業しています。以前は「つけ麺屋 はん兵衛」があったと記憶しています。

麺屋満開 外観
 お昼過ぎ、お店に到着しました。当然ながら車を停める場所には不自由しません。そうは言いながらもできるだけ近い場所を選んで車を停め、入口へ向かいます。

麺屋満開 外観 
 入り口前に限定メニューの立て看板がありました。でも、今日は既に決めています。

 店内に入り、左側の券売機で食券を購入します。本日いただくのは『味玉醤油そば』です。

麺屋満開 食券 
 食券を店員さんに渡すと半券が戻ってきました。給水機で水を汲んでカウンター席に座ります。店内は正面の厨房に面してカウンターが8席、窓側の小上がりに4人用座卓が3卓あります。私が入ったときは、カウンターに1人、小上がりに1組の先客がいました。

麺屋満開 卓上調味料 
 カウンターの前にはくぼんだスペースがあり、ここに卓上調味料、割箸、ティッシュ、布巾が置かれており、これが全部で4つあります。つまり、2人に1つの割合で付いているということ。分かりやすいと言えば分かりやすいのかな。

麺屋満開 味玉醤油そば 
 ほどなくして注文の品が届きました。お~、なかなか美しいビジュアルです。チャーシューが2種類、穂先メンマ、味玉、青ネギがバランス良く配置されています。

 まずはスープからいただきます。鶏ガラベースと思われるスープはやさしい風味です。無化調ながらしっかりとした旨味が感じられます。表面に浮かんだ油が効いているようです。

麺屋満開 味玉醤油そば 
 麺はストレートの低加水タイプです。パツパツの食感が心地よい。大曲の十郎兵衛さんから仕入れていると聞いたことがありますが、レベルの高い麺です。

麺屋満開 味玉醤油そば 
 チャーシューは豚と鶏の2種類です。豚はしっとりした食感で、肉本来の旨味が味わえます。鶏は表面にペッパーをまぶして調理してあるようで、ピリッとした刺激があります。どちらもぜいたくなハムのような味わいです。

麺屋満開 味玉醤油そば 
 味玉はねっとりした黄身が実においしい。これで100円ならお得でしょう。

 見た感じではそれほどボリュームはないように思ったんですが、以外に丼の底が深くて、麺量も十分でした。具材も手が込んでおり、もっと早く来ればよかったと思わせるラーメンでした。ごちそうさまでした。

麺屋 満開
秋田県秋田市広面松橋添311 MQリゾート内

 味玉醤油そば

800円 



続きを読む

プロフィール

ラーメン大好き、食べることが大好き

non☆you

Author:non☆you
グルメではありません。食べることが好きなだけです。
味は個人の好みですので、参考程度に見てください。

猫を飼っています

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

検索フォーム