駅そば しらかみ庵

2017年5月18日(木)

 今日は気持ちよく晴れています。今週末に屋外のイベントに行く予定があるので、このまま好天が続くことを祈ります。

 今日のお昼は秋田駅構内の「駅そば しらかみ庵」さんです。2週続けての訪問となりますが、ちょっと気になるメニューがあったので行ってみました。

 気持ち良い青空ですが、ずっと日向を歩いているとさすがに暑い。でも、日陰に入ると涼しくて、風も爽やかです。良い季節になりました。

 さて、秋田駅に到着しました。先週はGW直後でもあったため、大勢の観光客で駅構内も店内も混雑していましたが、今日は落ち着いています。

駅そばしらかみ庵 メニュー 
 『冷しかき揚げそば』は前回もメニューにありましたが、さらに3種類の冷し系メニューが追加されています。『冷しエビそば』なんて温かい方にはないので気になります。でも、今日は既に決めているので、冷しは次回に取っておきましょう。

駅そばしらかみ庵 内観 
 券売機で食券を購入し、奥の店員さんに渡します。今日も満席に近い混み様ですが、行列になるほどではありません。コップに水をくみ、指定された窓際のテーブルに座ります。

 周りを見渡すと、観光客と駅利用の地元の方が半々ぐらいです。やはり私のような勤め人風は少ない。職場の近くにあれば、私なら通うと思うんですけどね。

駅そばしらかみ庵 ねぎそば 
 3分と待たずに番号が呼ばれました。こちらが『ねぎそば』です。荒めに切られた白髪ネギがたっぷり乗っており、ところどころに鰹節が見えます。

 まずはツユを一口飲んでみます。やはり甘めです。

 続いてネギを食べてみると、シャキッとした歯応えの後から、ネギ特有の辛みがやってきます。う~ん、これは良いですね。ネギ好きとしてはたまりません。

 ネギと一緒に蕎麦を食べていたら、あっというまにネギはなくなり、蕎麦だけが残されました。ここで卓上の七味が登場です。甘めのツユに対抗するため、いつもより多めに振りかけます。

 これで蕎麦も完食です。ごちそうさまでした。

駅そば しらかみ庵
秋田県秋田市中通7-1-2 JR秋田駅構内

 ねぎそば

370円 



続きを読む

スポンサーサイト

川原菜館

2017年5月14日(日)

 今日は息子と二人でお昼を食べるため外に出ました。息子に何が食べたいか聞くと、中華とのこと。しばし思案の後、向かったのは由利本荘市の「川原菜館」さんです。

 こちらは昔からある中華料理の店ですが、私は今回が初めて。一度店の前まで来たことはありますが、車が停められずに断念しました。さて、今日はどうでしょうか。

 お店はちょっと分かりにくい場所にあります。マックスバリュ本荘中央店の向かい側にある狭い小路を入ってすぐですが、道幅が狭いので注意が必要です。お店の前に5、6台停められるスペースがありますが、今日は空いていました。車を停めて店内に入ります。

 店内は中華料理店らしからぬ雰囲気です。中央から左手がテーブル席、右手に小上がりがありますが、テーブルが喫茶店、もしくはファミレスにあるようなタイプです。小上がりには座卓が3卓あり、うち1卓が丸いテーブルで、これが中華料理店であることを主張しています。駐車スペースは空いていましたが、店内は混んでおり、かろうじて空いていた小上がりの座卓に座りました。

川原菜館 メニュー 
川原菜館 メニュー 
 卓上のメニューがこちら。私は『四川そば』、息子は『ホイコーロ』と『ライス』をお願いします。

川原菜館 内観 
 注文後、あらためて店内を見回します。壁にはこんな貼り紙がありました。タバコを吸わない私にはありがたいことです。

川原菜館 内観 
 天井の照明はカバーがありません。まあ、これはこれで潔いのかもしれません。

川原菜館 四川そば 
 ほどなくして注文の品が運ばれてきました。こちらが『四川そば』です。四川と付くので辛いラーメンだろうとは思っていましたが、具材がなかなかユニークです。豚肉、キャベツ、豆腐、じゃがいもを玉子でとじたものがラーメンに乗っています。

川原菜館 四川そば 
 こっちの角度の方が辛そうに見えますね。真っ赤なスープは予想を裏切らない辛さです。私の感覚では、中辛以上、大辛未満といったところ。

川原菜館 四川そば 
 麺は中細の軽くウェーブしたタイプ。意外に固めの茹で加減です。

川原菜館 四川そば 
川原菜館 四川そば 
 具がかなりボリューミーで、麺よりも野菜を食べている感覚の方が強い。食べ進めると、額からじわっと汗がにじんできます。

川原菜館 四川そば 
 麺と具を食べ終えた後は、スープに取りかかります。具材の旨味が溶け込んだスープは飲み干したいところですが、健康診断を控えているので我慢します。それでもだいぶ飲んでしまいました。ごちそうさまでした。

川原菜館 ホイコーロ、ライス 
 こちらは息子が頼んだ『ホイコーロ』と『ライス』。スープとおしんこも付いてきました。この写真では分かりにくいんですが、ホイコーロの中には鷹の爪が入っています。

川原菜館 ホイコーロ、ライス 
 息子は私ほど辛い物が得意ではないので、当然ながら鷹の爪は食べずに寄せます。それでも彼にとってはなかなか辛いホイコーロだったようです。

川原菜館
秋田県由利本荘市岩渕下13-14

 四川そば

810円 

 ホイコーロ

830円 

 ライス

240円 



続きを読む

中国料理こうらく

2017年5月13日(土)

 今日は妻と私の母を連れて、にかほ市象潟町横岡の芝桜を見に行きました。先週、妻の両親と行ったときは見ごろにはちょっと早かったんですが、先日テレビで紹介されたときは満開だったとか。小雨がパラつく中ですが、母の日も近いので思い切って出かけることにしました。

にかほ市象潟町横岡 民家の芝桜 
にかほ市象潟町横岡 民家の芝桜 
 我々が着いた時、ちょうど家主のおばあちゃんも外に出てきたので挨拶をして見学させていただきます。前回はまだ咲いていなかった場所も見事に満開になっています。芝桜以外の花もいろいろ咲いていました。今日も楽しませていただきました。ありがとうございます。

 さて、もうすぐ午後1時です。我が家の休日は朝ご飯が遅いんですが、そろそろお腹が空いてきました。帰りの道すがら、お昼をいただくことにしましょう。いろいろ考えた結果、こちらにやって来ました。由利本荘市西目町の「中国料理こうらく」さんです。

 お店に入ったのは午後1時を回っていましたが、まだ大勢のお客さんでにぎわっています。中でも目立つのが、ジャージ姿の高校生。近所にある西目高校のサッカー部ですね。幸いなことに、料理を待っているお客さんは数えるほどで、ほとんどのお客さんは食事中、もしくは食べ終えているようです。これならあまり待たずに済みそうです。

中国料理こうらく メニュー 
中国料理こうらく メニュー 
中国料理こうらく メニュー 
 前のお客さんの食器を片づけてもらい、窓際のテーブル席に座りました。さっそくメニューを検討します。前回は麺類をいただきましたが、今日は名物の『肉チャーハン』にしましょう。

 メニュー左下のチキンカツ定食は何と410円。高校生はこれを食べていたようですが、学生向けのサービスメニューでしょう。

中国料理こうらく 肉チャーハン 
 ほどなくして注文の品が届きました。こちらが『肉チャーハン』です。メインの他に、スープ、春雨炒め、杏仁豆腐、おしんこが付いています。

中国料理こうらく 肉チャーハン 
 肉チャーハンは、あっさり味のチャーハンに、豚肉細切り、ほうれん草のあんをかけたものです。あんはしっかりした甘辛の味付けで、あっさりチャーハンに良く合います。白飯にかけても十分おいしく食べられるのに、チャーハンにかけるんですから旨いに決まってますね。

 ピリ辛の春雨炒めとおしんこをはさみながら、ワシワシ食べ進めます。そこそこボリュームもあるんですが、あっという間にお皿は空になりました。スープで口中を洗い流し、最後に杏仁豆腐をいただいて完食です。ごちそうさまでした。

中国料理こうらく
秋田県由利本荘市西目町沼田新道下2-637

 肉チャーハン

780円 


続きを読む

そば処 紀文

2017年5月12日(金)

 一昨日から降っていた雨も止み、青空も顔をのぞかせています。ただ、これも一時的で、今週末はまた雨模様の天気になるようです。行楽シーズンなのにもったいないな~。

 さて、今日は横町通りの「そば処 紀文」さんにやって来ました。飲み会後の〆でお馴染みの店ですが、ときどきランチでもお邪魔しています。食べるのはもっぱら千秋麺なので、今日は違うものをいただきたいと思います。

 入り口まで来るとやけに店内が暗い。あれっ、休みかな。と思いながら引き戸を開けると、ちゃんと営業していました。こちらは昼間でも照明を落としてあるので暗いんですよね。

 先客は4組ほど。2人掛けのテーブルに座り、水を持ってきてくれた店員さんに注文を伝えます。『ざるそば』をお願いします。

そば処紀文 メニュー 
 席に着いた時にいちおう壁のメニューは確認しています。この写真で店内の暗さが分かってもらえるかと思います。

そば処紀文 メニュー 
 こちらは日替りランチのメニューです。今日はカレーライスと千秋麺ハーフのセットです。先客の皆さんは全員これを頼んでいました。

そば処紀文 ざるそば 
 5分も経たずに注文の品が届きました。こちらが『ざるそば』です。そば湯も合わせて届きました。

そば処紀文 ざるそば 
 蕎麦は色黒で細いタイプ。固すぎず柔らかすぎず、ちょうど良い茹で加減です。

そば処紀文 ざるそば 
 薬味はうずらの玉子、刻みネギ、わさび。つゆはカツオ出汁が効いた甘めのもの。それほど濃いめではないので、蕎麦をたっぷりひたしていただきます。

そば処紀文 ざるそば 
 蕎麦は細めですが、ツルツルっとすするよりも、しっかり噛みしめて味わう方がおいしいように感じました。

そば処紀文 そば湯 
 蕎麦を食べ終えたら、残った薬味とそば湯をつゆに加えていただきます。満腹とはいきませんが、健康診断が終わるまでは節制を続けます。ごちそうさまでした。

そば処紀文 メニュー 
 これは店頭に飾ってあるサンプルです。何だか郷愁を誘います。

 

そば処 紀文 (そば / 秋田、羽後牛島)

 ざるそば

648円 


続きを読む

駅そば しらかみ庵

2017年5月9日(火)

 ゴールデンウィークも終わり、いつもの仕事モードに復帰です。いきなりトップスピードは無理なので、徐々にペースを上げていこうかと思います。

 さて、今日も天気の良い穏やかな日和です。予報では明日から崩れるとか。それでは今日は歩いて食べに行きましょう。目指すはJR秋田駅構内の「駅そば しらかみ庵」さんです。

 上着で歩いていると暑く感じるほどの陽気です。汗をかく一歩手前で秋田駅に到着しました。お店の入り口に置かれた券売機にはお客さんが並んでいます。私も並びながら何を食べるか検討しましょう。

駅そばしらかみ庵 メニュー

駅そばしらかみ庵 メニュー

 こちらがメニューです。かき揚げや春菊天も気になりますが、今日は『肉そば』をいただきます。稲庭うどんを除けば、最高額のメニューです。食券を購入して店内に入ると、奥の通路に沿って並んでくださいとの案内があったので、最後尾に並びます。

 品物の受け渡し口にいる店員さんが人数を確認して空いた席を指定し、食券を受け取って番号札を渡しています。なかなか手慣れているようで、割り込みしようとするおばさんにもきちんと対応してますね。開店当初はオペレーションの不慣れで大変だったようですが、だいぶ改善されたようです。

駅そばしらかみ庵 番号札

 3分ほど待ってから番号札を受け取り、カウンターに座りました。ここでコップに水をくんで持ってきます。

駅そばしらかみ庵 肉そば

 さらに3分ほどで番号が呼ばれ、料理を取りに行きます。こちらが『肉そば』です。

 そばの上に乗っている肉は白神豚だそうです。私は知らなかったんですが、県北では有名なんでしょうか。食感は柔らかいですが、これは薄切りで細かくなっているせいかもしれません。味付けは思ったより薄めです。

 そばは特別なものではないと思いますが、。茹で加減はちょうど良いので、するっと入っていきます。

 つゆは甘めの味付けで、いかにも秋田の味ってところでしょうか。

 これ一杯では少々物足りないんですが、連休中の過剰摂取カロリーを消費しなければいけないので今日のところはこれで我慢します。ごちそうさまでした。

駅そば しらかみ庵
秋田県秋田市中通7-1-2 JR秋田駅構内

 肉そば

500円 



続きを読む

プロフィール

ラーメン大好き、食べることが大好き

non☆you

Author:non☆you
グルメではありません。食べることが好きなだけです。
味は個人の好みですので、参考程度に見てください。

猫を飼っています

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

検索フォーム